医療・医薬・福祉 美容・健康

マスクの着用が禁止されている接客業は32.28%?新型コロナウイルスの流行予防に際して、接客業におけるマスク着用についての意識調査の結果を発表

株式会社Wizleap
~接客業におけるマスク着用についての意識調査~

ライフプラン相談、保険相談サービス「ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)」を運営する株式会社Wizleap(代表取締役社長:谷川昌平)では、家計や保険の最新トレンドを発信すべく、2020年1月ににユーザーからの調査データや様々な調査結果を公表します。 第八弾として、今回は新型コロナウイルスの予防に際し、接客業におけるマスク着用についての意識調査を実施しました。


2020年1月29日現在、2020年の年初に中国武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が世界中で脅威となっています。

根本的な治療薬はいまだに見つかっていませんが、対策としてマスクの着用が推奨されています。

ただ、接客業においてはマスクをつけないよう指導されているところもあり、なかなかマスクをつけられない方もいます。

ここで、今回、ほけんROOMでは接客業とマスクの着用についての意識調査を緊急で行いました。

意識調査の詳細は以下の通りです。

【調査概要:接客業とマスク着用に関する意識調査】
▪️調査日程 :2020年1月29日~2020年1月29日
▪️調査方法 :インターネット
▪️調査人数 :1022名



ほけんROOM【https://hoken-room.jp/money-life/7959】より引用

まずは、接客業に従事されていた方に、マスクの着用が禁止されていたかどうかをお聞きしました。

Q1. 今まで働いた接客業において、マスクの着用が禁止されていたことはありますか?

結果は以下のようになりました。



ほけんROOM【https://hoken-room.jp/money-life/7959】より引用

「禁止されていたことはある」と回答した方が15.7%、「暗黙のルールで禁止だった」と回答した方が16.5%、「禁止されていたことはない」と答えた方が60.0%、「どちらとも言えない」と回答した方が6.3%、その他の回答が1.5%でした。

「禁止されていたことはある」もしくは「暗黙のルールで禁止だった」と回答した方は32.28%に上りました。

「禁止されていたことはある」または「暗黙のルールで禁止だった」と回答した方にお聞きした、マスクの着用が禁止もしくは暗黙のルールで禁止だった接客業の例をご紹介します。


スーパーマーケットのレジ打ち
ファーストフード店員
美術館の館内業務
旅行会社
和食レストランの給仕
ホテルサービス系
居酒屋店員
金融機関
デパートの売り子
ファミレス店員
ゲームセンター店員

企業によって異なるとは思いますが、あらゆるジャンルの接客業において、マスクの着用は禁止になっているところが存在するようです。


2つ目の質問として、接客業においてマスクを着用していることにどう感じるかをお聞きしました。

Q2. 接客業に従事する人がマスクをしていることをどう思いますか?

結果は以下のようになりました。

ほけんROOM【https://hoken-room.jp/money-life/7959】より引用

「何も思わない」と回答した方が49.3%、「清潔感がある」と回答した方が23.8%、「顔が見えないので少し怖い」と回答した方が10.2%、「どちらとも言えない」と回答した方が14.2%、その他の回答が2.4%でした。

「何も思わない」もしくは「清潔感がある」と回答した方は73.09%に上り、マスク着用に関して多くの人は肯定的であることが判明しました。

以下に、実際に回答してくださった方の声をご紹介します。

30代女性 / 大阪府 / 「何も思わない」と回答・・・「本人が風邪ひいているときやインフルエンザが流行っているときは予防のためにもマスクを着用している方がいい」
30代女性 / 埼玉県 / 「清潔感があって良いと思う」と回答・・・「特に食品を扱ったりする接客業だと、インフルエンザの流行期などは安心する。」
40代女性 / 大阪府 / 顔が見えないので少し怖い」と回答・・・「マスクの下に隠された口元の表情も意思疎通の一部と考えるため」
30代女性 / 富山県 / 「どちらとも言えない」と回答・・・「食品業界では清潔感があって良いと思うが、ほかの業界では表情が見えないので不安になるから」


最後に、現在中国で流行中の肺炎予防のため、接客業の方がマスクを着用することに対してどう思うかお聞きしました。

Q3. 今回のコロナウイルス対策として、接客業の方がマスクをすることをどう思いますか?

結果は以下のようになりました。

ほけんROOM【https://hoken-room.jp/money-life/7959】より引用

「いいと思う」と回答した方が87.9%、「どちらかと言えばいいと思う」と回答した方が8.9%、「どちらとも言えない」と回答した方が2.3%、「よくないと思う」と回答した方が0.10%、「どちらかと言えばよくないと思う」と回答した方が0.29%、その他の回答が0.49%でした。

「いいと思う」もしくは「どちらかと言えばいいと思う」と回答した方は96.77%にも上りました。

回答者の声もお聞きしたので、以下にご紹介します。

40代女性 / 京都府 / 「良いと思う」と回答・・・「パンデミック防止のため、むしろ、マスクを積極的に使うべきだと思う。」
20代女性 / 兵庫県 / 「良いと思う」と回答・・・「死者がでてるようなウイルスで中国人もたくさん観光できているので日本での感染者を増やさないためにも最善の方法だと思うからです。」
60代男性 / 富山県 / 「いいと思う」と回答・・・「多くの人と接客するわけですから、マスク着用により、ウイルスを拡散する可能性を極力小さくする効果はあると思います。」
40代女性 / 京都府 / 「どちらかと言えば良いと思う」と回答・・・「さすがに感染症対策ということであれば、仕方がないと思うから。」
20代女性 / 大阪府 / 「どちらとも言えない」と回答・・・「色んな国のお客さんが来る場所では、不快に思われるかもしれないので、マスク以外の予防策を徹底したら良いと思う。」



以上3つの調査結果をご紹介しました。いかがだったでしょうか。

今回の調査結果はウェブページ等で引用していただいて構いません。

ただし、引用の際は必ずこちらのリンク(https://hoken-room.jp/money-life/7959)を載せるようにしてください。
また、ウェブページ以外での引用の際は、ほけんROOMまでご連絡いただくようお願い申し上げます。

回答者の声について詳しく知りたい方は、ご連絡をいただければより詳しいデータをご提供することも可能です。興味のある方はぜひご連絡ください。


-------------------------------------------------------------------------
【ご取材・データの提供に関するお問い合わせ】
株式会社Wizleap広報部
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ606号室
E-MAIL:info@wizleap.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)