美容・健康

ローズウッド広州のAsaya ActiveでLapidemのウェルネスプログラムスタート

Lapidem株式会社
ホリスティックプログラムやムーンメディテーションプログラムなど、美と癒し、そして自然治癒力の向上に着目した Lapidem tokyoを展開するラピデム株式会社(会社所在地:東京都港区赤坂6-16-4、代表取締役:近藤由希子)は、心と身体から真の美しさを引き出すプログラムとして、ローズウッド広州のAsaya ActiveでLapidemのウェルネスプログラムを開始しました。



【プログラムのポイント】
Asaya Activeではコンサルテーション、栄養学、フィジカルセラピー、スパトリートメント、コミュニティワークショップなど、身体的・精神的なサポートを目的とした幅広いプログラムを提供し、訪れたゲストを個別にサポートしています。

今回Lapidemからは Asaya Activeのウェルネス体験をより確かなものにするために、「フィジカルセラピー」と呼ばれるボディプログラムを 3 つ、お肌の健康を取り戻すためのフェイシャルトリートメントの「スキンヘルス」プログラム2つと「エクスプレスメニュー」を2つの合計 7つの新しいプロブラムを開発しました。


■フィジカルセラピー|ボディプログラム
フィジカルセラピーでは、古代から伝わる伝統療法やヒーリング療法などの哲学からその理解を深め、科学的に証明された身体の仕組みを理解の基、ホリスティックなアプローチで設計されており、このウェルネス体験がAsaya Activeとの相乗効果を高め、より多くのゲストが心身の健康と充足感に満ちたライフスタイルの実現を目指します。

その中でも「Sleep & Deep Healing」 はヘッドセラピーから始まり、睡眠の質と深い浄化を目的としたプログラムになっています。セラピストの手のひらからアームを使い全身をゆるやかに流れるようにアプローチすることで呼吸を促し、自律神経を整えます。サウンドセラピーやストーンセラピーを組み合わせ、自然のエネルギーを取り入れることでより深いリラクゼーションと眠りに誘います。


■スキンヘルス|フェイシャルトリートメント
Lapidemがご提案するスキンヘルスプログラムは、 日頃の生活習慣や環境の変化などによって現代人がかかえる、様々なお肌やお顔の悩みを改善する ために設計されています。 これは、表面的な皮膚のアプローチだけではなく、 問題の本質を改善することに焦点をあてたアプローチで、本来持つ健康で美しい肌を取り戻し、 ゲストに幸福感溢れる表情をもたらします。

「Skin Detoxifying Treatment for Healthy Skin」 では、季節の変わり目や生活習慣の乱れからくるお肌の揺らぎやトラブルに着目したトリートメントになっており、日本古来から美容法として用いられてきた手ぬぐいや米粉のスクラブで余分な角質を穏やかに除去したあと、セラピストの繊細なタッチで行うフェイシャルドレナージュ技法によって深いリラクゼーションを感じながら鎖骨からお顔まで流していきます。お顔の緊張が取れることはもちろんのこと、トラブルの原因でもある老廃物を効果的に流し、お肌に必要な栄養を補給することで疲れてくすんだ肌を瞬時に目覚めさせます。



【Lapidem ウェルネスの思想】
Lapidemでは「真の美しさは健康の先にあるもの」という哲学のもと、誰もが経験する季節や環境の変化、年齢を重ねていくことなどによっておきる、原因不明の不調やホルモンバランスの乱れ、お肌の揺らぎをホリスティックなアプローチで改善します。
東洋医学をベースに古来から伝わる伝統療法やヒーリング療法などを基に設計されたLapidemのウェルネスジャーニーは、自然の摂理に従い、足りないものを補い、余計な物を排除していくことでバランスを整え、心身の健康と充足感に満ちたライフスタイルの実現を目指します。

【HAUTE GRANDEUR -GLOBAL SPA AWARDS 2021- 5部門受賞】
・Best Day Spa on a Global level

・Best Spa Manager - Ms.Azusa Takahashi in Asia

・Best Health & Wellness Spa in Japan

・Best Luxury Spa in Japan

・Best Signature Spa Treatment in Japan

参考:https://www.vogue.co.jp/special-feature/2018-11/30/Lapidemtokyo
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)