その他 医療・医薬・福祉

緊急支援第2弾・中国新型コロナウィルス

ピースウィンズ・ジャパン
空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”プロジェクト中国へ支援物資「マスクや防護服」 31日佐賀空港から上海に向け支援物資を輸送

認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ、本部=広島県神石高原町、代表理事=大西健丞)が運営する「空飛ぶ捜索医療団ARROWS(アローズ)」合同チームは、中国での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、31日、中国にN95マスク、医療用防護服、医療用使い捨て手袋、フェースカバー、医療用帽子など※約10アイテムを輸送します。


PWJのスタッフ1名(大島 洵/おおしままこと)が春秋航空上海行き1月31日(金)12:30佐賀発9C 8578便を利用し、上海までの物資輸送を担います。上海空港到着後は、一般社団法人国際医療福祉機構と現地パートナー団体を通じて、上海の复旦大学(Fudan University)附属病院、武漢市と上海市の病院などに物資の引き渡しを行います。
PWJは27日にも佐賀空港から中国人スタッフ1名を状況調査と支援ニーズ調査のため上海に派遣。物資支援の第一弾として輸送したN95マスク、ラテックスグローブ(医療用使い捨て手袋)は、29日現地パートナー団体を通じて上海市の長海病院に受け渡されました。医療品は武漢に優先して送られており、在庫がほぼない状況なのでとても感謝していただきました。
左から2番目の方が院長



今回輸送する物資はアジアパシフィックアライアンス(A-PAD)が感染症対策として佐賀空港倉庫に備蓄していた物資の一部で、今後も必要に応じて提供する予定です。

現地での活動は、日本にいるPWJの医師2名の指導のもと、感染予防のため、関係機関からの情報を十分確認し、衛生管理を徹底して行います。
医師によるモニタリングの様子
新型コロナウイルスによる肺炎の流行を食い止めるため、あらゆる力を結集し、一人でも多くの命を救う取り組みが求められています。報道機関の皆様におかれましては、ぜひご関心をお寄せいただきますようお願い申し上げます。
※医療用防護服、医療用帽子、医療用使い捨て手袋、長靴、フェースカバー、消毒剤、防護ガウン、防塵マスク、医療廃棄物用ゴミ袋、採血セットなど

◆ARROWS(アローズ、Airborne Rescue & Relief Operations With Search):
災害が頻発する昨今、大規模災害の被災地などにいち早く駆けつけ、より多くの救助・救命活動を行うため、2019年12月に発足した災害緊急支援プロジェクト。ヘリコプターなどの航空機を活用し、医師などの医療従事者や災害救助犬などの救助チームが被災地に赴く。メンバーは、国内外で豊富な災害支援の実績を持つNPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)を核に、佐賀に事務所を有するNPO法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパン、官民連携のプラットフォーム機能をもつ公益社団法人Civic Forceなどのほか、経済・政治・医療など各界のリーダーがアドバイザリーボードメンバーとして参画し、活動を支えています。現場では自治体、病院、NPO、さらに米軍などとも連携を図り、医療・レスキューから物資配布や避難所運営まで必要な支援を最適な形で届けます。子どもたちに向けて災害時の初期対応や自分で命を守る方法なども伝えています。

Peace Winds Japan ホームページ:https://peace-winds.org/
空飛ぶ捜索医療団ARROWS(アローズ)ホームページ:https://arrows.red/

佐賀空港ターミナルビル内での取材をご希望の方は佐賀ターミナルビル株式会社までお問合せください。0952-46-0100(8:30~17:30)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)