医療・医薬・福祉

手術トレーニング用模擬臓器・VTTの粘膜モデル販売開始【KOTOBUKI Medical株式会社】

KOTOBUKI Medical株式会社
食品材料でVTT(手術トレーニング用模擬臓器)の開発・製造を行うKOTOBUKI Medical(株)が、ESD(内視鏡的粘膜下層切開剥離術)トレーニング用VTTの販売を開始しました。





 埼⽟県八潮市に本社を置くKOTOBUKI Medical株式会社(代表取締役・高山成一郎)は、ESD(内視鏡的粘膜下層切開剥離術)のトレーニング用として、VTT粘膜モデルと、局注での膨隆を再現できる専用膨隆液の販売を開始しました。 衛生的な食品由来原料、真空パック、常温保存、低価格(粘膜モデル定価6,000円)で、医学教育、医療機器セミナー、術前トレーニングなど様々な場面で御使用頂けます。
当製品は粘膜層~粘膜下層~筋層の3層構造で、1.粘膜上に疑似的に腫瘍範囲を決める 2.切離範囲をマーキング 3.専用膨隆液を腫瘍想定部下部に注入 4.5分程度で膨隆液がゲル化 5.高周波ナイフで粘膜~ゲル部分を切離・剥離するという一連の手技が再現できます。


 VTTは食品由来原料から作られた手術トレーニング用の模擬臓器で、未開封で長期間の常温保存が可能。使用後は生ごみとして処理でき、従来使われていた豚などの生体の代替品として、倫理面・衛生面・コスト面において大きく寄与できます。

【商品のお問い合わせ】
KOTOBUKI Medical株式会社
TEL:048-951-5211
(メール):sales@kotobukimedical.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会