医療・医薬・福祉

フィブロ社への当社菌株供給契約締結について

東亜薬品工業株式会社

東亜薬品工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO: 増田智英、以下「東亜」)は、自社が開発した菌株Bacillus amyloliquefaciens TOA5001をフィブロ社(Phibro Animal Health Corporatation,本社:アメリカ)へ供給する契約を2018年12月18日付けで締結致しました。
東亜は2004年に発見した菌株「Bacillus amyloliquefaciens TOA5001」を約12年以上の研究の結果、日本で家畜用として2017年4月に、養鶏用生菌入り混合飼料「イムノリッチ(R)」および水産用生菌入り混合飼料「イグサイン(R)」として発売し、海外市場への紹介を開始しました。
2017年1月に米国で行われたIPPE国際展示会でTOAの菌株を紹介し、研究データは多くの企業の興味を引き、フィブロ社は大規模野外試験にて有効性を確認後、昨年12月に締結しました。本契約により、東亜はフィブロ社に対し、日本を除くグローバルテリトリーでの販売権を供与致しました。
また、2019年2月12日米国アトランタで開催されたIPPE国際展示会にて、「Bacillus amyloliquefaciens TOA5001」を使用したフィブロ社の新製品「PROVIA Prime」の海外販売開始となりました。
東亜は日本の伝統に根ざすプロバイオティクス(DFM)のプレイヤーとして海外市場に参入することによって日本製品の良さをアピールし、国際社会への貢献を願っています




(左)東亜薬品工業株式会社 国際部 岡フレディ
(中)東亜薬品工業株式会社 会長 増田隆
(右)Phibro Animal Health Corporation, Corporate Vice President, Bruce Johnson PhD.


                  PROVIA Primeの製品(イメージ)

【本件に関するお問い合わせ先】
 東亜薬品工業株式会社国際部
 TEL: 03-3375-0511(代表) FAX:03-3375-0539
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会