美容・健康 ビジネス・コンサルティング

fermata株式会社とMistletoe Japan合同会社が、fermata Fund合同会社を設立し出資を開始

Mistletoe株式会社
今秋、女性の健康課題を解決する「Femtech (フェムテック)」企業に特化したアジア初のファンドも始動予定。

fermata株式会社(以下、fermata)とMistletoe Japan合同会社は、国内外の Femtech関連企業の支援を目的とした「fermata Fund(フェルマータ ファンド)合同会社」を共同出資で設立したことをお知らせします。2020年秋をめどに、25億円規模の1号ファンド「fermata Fund」を始動させる予定です。


Femtechとは、女性の健康課題を解決する為に開発された、テクノロジーを使用するソフトウェア、診断キット、サービス、およびその他プロダクトのことを指します。Woman’s Healthcare Techと表現されることもあります。2012年ごろに誕生した新たな産業で、全世界での投資額はこの7年間で約60億円から約750億円まで成長 (*1)。女性の社会進出が進んだ欧米だけではなく、今後は、アジア・アフリカでの急成長が期待できる新たな産業です。2025年の市場規模は5兆円と予想されていますが(*2)、全世界の女性の人口が35億人と考えると、それ以上の拡大も期待されます。

2019年10月にスタートした fermataは、女性の活躍を支援するテクノロジーの社会浸透を加速させ、多様性のある社会を実現していくコミュニティ育成&スタートアップ支援エコシステムです。チームは、医療、パブリックヘルス、ビジネス、デザイン、マーケティングなどの専門家で構成されており、国籍も様々です。市場調査から本格マーケット参入だけでなく、ユーザーコミュニティとの接点まで提供し、Femtech企業の事業成長をサポートします。


■fermata Fund合同会社の設立の目的
Femtech業界に存在する課題の一つに、新たな産業であるため資金調達が困難であるということがあります。「女性の健康」は、未だ社会的にタブー視される傾向が多いジャンルです。そのため、世界のFemtech関連事業に対する投資は、ヘルスケア分野全体への投資額の約1.4%にとどまっています。また、ヘルスケア専門のキャピタリストであっても、Femtechへの投資経験があるのは約20%であると言われています(*3)。

1号ファンドとなる「fermata Fund」 は、アジア初となる Femtechに特化したファンドで、コミュニティも所有しています。良質なプロダクトやサービスを提供するスタートアップに資金が潤沢に流れる仕組みを確立し、Femtech産業を活性化させたいと考えています。Femtechビジネスの可能性を実証できる場と、fermataが創り出すユーザーコミュニティを繋ぎ、女性を縛るタブーをワクワクに変えていきます。

■出資予定企業(2020年2月時点)
Lady Technologies Inc.(米):妊活デバイスを開発 (https://kegg.tech/
Come&gone Inc.(米):衛生用品を製作、販売 (https://getcomeandgone.com/)

■fermata Fund合同会社 代表 杉本亜美奈メッセージ
近年、女性の社会進出が進み、生き方や働き方も多様になってきました。しかし、社会における役割が変化しても、生物学的「女性」の機能(女性ホルモン周期など)は変わりません。「女性の健康」への理解や価値観は世代や性別によって大きな差があり、未だ多くの社会にてタブー視される傾向にあります。
そんな中、フェムテック= Femtech(Female + Technology)という新しい産業が2012年頃に誕生しました。今まで「仕方がない」「どうにもならない」と女性たちが我慢していた健康課題の解決策として、多くのすばらしい製品が開発されています。しかし、その多くが必要とする人に届いていません。
Femtech市場は未発達であり、各国で文化・言語・制度が違うことから、企業がグローバルマーケットへ参入するには高いハードルがあります。また本分野への投資額は、女性の健康という一見分かりづらい課題を対象としているため、ヘルスケア業界全体でみても著しく少なく、「投資が集まりづらいということは良い投資先ではない」という悪循環に繋がる評価をされかねません。
私たちは、世界中で生み出されているワクワクするような Femtechプロダクトを育て、アジア・日本の女性がそれに出会うプラットフォームを創出することで、女性が無条件に受け入れてきた体の悩みや課題を見つめ、知恵を出し合い、女性だけでなく、皆が生きやすい世界を目指します。

■会社概要
社名:fermata Fund(フェルマータ ファンド)合同会社
設立日:2020年1月15日
代表社員:杉本亜美奈
本社:東京都目黒区大橋2-22-42 No.R 池尻大橋 地下1階

■代表社員プロフィール
杉本亜美奈 公衆衛生博士

東京大学修士号、London School of Hygiene & Tropical Medicine (英)公衆衛生博士号取得。 福島第一原子力発電所事故による被災者の内外被曝及び 健康管理の研究を行い、東京電力福島原子力発電所事故 調査委員会(国会事故調)のメンバーでもある。日本医療政策機構にて、世界認知症審議会 (World Dementia Council)の日本誘致を担当。厚生労働省のヤングプロフェショナルメンバーにも選ばれ、「グローバル・ヘルスの体制強化:G7伊勢志摩サミット・神戸保健大臣会合への提言書」の執筆に関わる。近年、Mistletoeに参画。また、元evernote CEOのPhil Libin氏が率いる AI スタートアップスタジオ All Turtlesの日本オフィス設立メンバーでもある。国内外の医療・ヘルスケアスタートアップへの政策アドバイスやマーケット参入のサポートが専門。

■アドバイザー
孫 泰蔵:連続起業家。Mistletoeファウンダー
The 15th Rock Ventures:投資アドバイサー
海老 根真由美:白金高輪海老根ウィメンズクリニック院長

■アドバイザーからのコメント
孫 泰蔵(Mistletoe ファウンダー)

人々の労働環境をはじめとした経済や社会のシステムは、歴史的に「健常な成人男性」を中心に設計されており、それ以外の人々が活躍するのが難しく、ダイバーシティ(多様性)という観点から見ると非常に貧相なものでしかありません。
fermata Fundでフェムテックのスタートアップをサポートすることが、女性の活躍を大いに支援することはもちろん、社会全体をより豊かで活気のあるものにすることにもつながると信じています。

【fermata株式会社 について】
「あなたのタブーがワクワクに変わる日まで」を掲げ、アジア・日本では未発達のFemtech市場を育てるコミュニティ&スタートアップ支援エコシステムを提供します。
医療、パブリックヘルス、ビジネス、デザイン、マーケティングなどの専門家で構成されており、市場調査から本格マーケット参入だけでなく、ユーザーコミュニティとの接点まで提供し、Femtech企業の事業成長をサポートします。
ファウンダー:中村 寛子 / 杉本 亜美奈
https://www.hellofermata.com/

【Mistletoe Japan合同会社について】
Mistletoeは 、テクノロジーで人間中心の持続可能な未来を創造するスタートアップやイノベーターによって構成される「コレクティブ・インパクト・コミュニティ」です。近未来の人類が直面する大きな問題に取り組みたいという志を持つ起業家や投資家、研究者、デザイナー、ビジョナリーなど、スタートアップ・コミュニティの一線で活躍する人たちが集結しています。
ファウンダー:孫 泰蔵
http://mistletoe.co/

(*1)出典元:Marks, Gene. 2019. “Femtech’ Startups on the Rise as Investors Scent Profits in Women’s Health.” The Guardian. 2019. https://www.theguardian.com/business/2019/jun/06/femtech-startups-womens-health-investors.
(*2)出典元:Frost & Sullivan 2018. “FEMTECH Digital Revolution in Women’s Health”. https://ww2.frost.com/files/1015/2043/3691/Frost__Sullivan_Femtech.pdf.
(*3)出典元:PR Newswire CISION. 2018.”Silicon Valley's Portfolia Launches Nation's First FemTech Fund” https://www.prnewswire.com/news-releases/silicon-valleys-portfolia-launches-nations-first-femtech-fund-300660559.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会