外食・中食 美容・健康

吉野家×ライザップ コラボレーション第2弾『ライザップ牛サラダエビアボカド』が新登場

RIZAP株式会社
吉野家店舗にて2月6日より販売開始

RIZAP株式会社(代表取締役社長 瀬戸 健、本社:東京都新宿区、以下「RIZAP」)は、株式会社吉野家(代表取締役社長 河村 泰貴、本社:東京都中央区 以下「吉野家」)とのコラボレーション商品第2弾として、両社が共同開発した新メニュー「ライザップ牛サラダエビアボガド」を、全国の吉野家店舗※1で2020年2月6日(木)午前11時から販売を開始いたします。「ライザップ牛サラダエビアボガド」の価格は600円+税で、テイクアウトも可能です。 ※1 一部店舗では、販売しておりません。


吉野家×ライザップ


「ライザップ牛サラダエビアボガド」のポイント


ライザップ牛サラダエビアボガド
・ 吉野家・ライザップ共同開発第2弾
・ 牛丼のご飯の代わりにサラダ
・ RIZAP公認の【高たんぱく質・低糖質】商品



ライザップ牛サラダエビアボガド 商品概要
販売開始:2020年2月6日(木)11時より販売開始
価  格:600円+税
※テイクアウトできます。
※吉野家の一部店舗では販売しておりません。


この度、新たに登場する『ライザップ牛サラダエビアボカド』は、牛肉、エビ、アボカド、鶏もも肉、ブロッコリー、キャベツ、玉ねぎ、半熟玉子が入った、ライザップ公認の“高タンパク質、低糖質”メニューです。エビとアボカドは、吉野家全店で販売するメニューとして初めて使用する食材であり、ライザップ牛サラダのパワーアップのために追加した新規食材です。エビとアボカドが追加されたことで、味わいだけでなくより一層食感が豊かになり、一食での食べ応えがパワーアップしました。1食でしっかりと満腹感を感じていただけることに加え、さらに【高タンパク質、低糖質】となっており、カロリーは440kcal、1食で1日に摂りたい野菜の3分の1を摂取できます。

なお、2019年5月より発売を開始し、2020年2月5日現在では200万食を突破した『ライザップ牛サラダ』も引き続き販売しています。


栄養成分





「ライザップ牛サラダ」「ライザップ牛サラダエビアボガド」は吉野家×ライザップ共同開発。「牛丼を食べたい。でも、ボディメイクも気になる」お客様の両方の要望を叶えます



吉野家は、看板メニューである「牛丼」をより幅広いお客様により身近に感じていただける取り組みを展開しています。「牛丼を食べたい、でも、ボディメイクも気になる」お客様の両方の要望を叶えるためのメニューを開発するため、吉野家からの打診により、吉野家とライザップが初めてコラボレーションを実施し、「牛丼」の要素もありながらライザップが提唱する高たんぱく質で低糖質を叶えた「ボディメイク」もできる新メニュー『ライザップ牛サラダ』を共同開発する運びとなりました。


ライザップでは、今後も生活の身近なところでライザップメソッドを体験いただくことで、”人生100年時代”と言われる昨今の社会的な課題「健康寿命の延伸」にコミットしてまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会