医療・医薬・福祉

「デジタル医療・ヘルスケアビジネス 2025」と題して、(株)ICTソリューション・コンサルティング 代表取締役社長 冨永 孝氏によるセミナーを3月3日(火)AP虎ノ門にて開催!!

株式会社 新社会システム総合研究所
新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏)は、2020年3月3日(火)にAP虎ノ門(東京港区)にて下記セミナーを開催します。

【Apple、Google等BIG5がもたらすバリューチェーン革命】 デジタル医療・ヘルスケアビジネス 2025 ~顧客(患者)データの争奪戦・活用とプラットフォーム化への進展~


[セミナー詳細]
http://www.ssk21.co.jp/seminar/re_S_20094.html

[講 師]
(株)ICTソリューション・コンサルティング 代表取締役社長
(株)デジタルイノベーション研究所 代表/クリエーター
冨永 孝 氏

[日 時]
2020年3月3日(火) 午後2時~5時

[会 場]
AP虎ノ門
東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル

[重点講義内容]
国による各種の規制緩和、制度改革。医療技術の進歩。さらには、Apple、GoogleをはじめとするBIG5の参入、国内においても異業種からの参入が相次いでいる医療、介護、ヘルスケア業界。果たして、皆さんが考えているような黄金郷(エルドラド)でしょうか?私は、条件付きでNoです。
21世紀の医療ビジネスの本質は、BIG5によってもたらされた顧客(患者)情報の争奪戦です。顧客情報の争奪戦に負ければ、如何にすばらしい技術や人材があろうとも、高利益を手に入れることは難しいと思われます。
少子高齢化によるニーズの拡大だけ観ていては、本質は見えてきません。この領域の勝者はごく限られたものになると予測できます。
デジタル革命の本質は、サービスのデジタル化ではなく、医療サービスコストの劇的削減と業界構造の転換です。

今回のセミナーでは
 ●医療改革の本質とは
 ●BIG5のもたらす医療バリューチェーン革命
 ●さらにはスマートホーム、スマートシティと連携、接続へ
 ●仁術から、算術、さらには情報PF(プラットフォーム)ビジネスへ
 ●ビジネス勝者は誰か?その条件は?
について解説をしていきます。

■既に医療介護ヘルスケアに携わっている方、また、新規参入を考えている方、参入を決めているが手応えがない方、また、知的好奇心を満たしたい方、大歓迎です。

1.今、世の中でおこっていること
 -BIG5のもたらすビジネス、産業革新
 -医療業界に迫りつつある黒船(BIG5)
 -規制業界に起こりつつある変化は他人事ではない(金融、エネルギー、通信)
2.医療、ヘルスケア業界で起こりつつある未来
 -制度改革、規制緩和の本質
 -BIG5にもたらされた新たなバリューチェーン
 -サービスコスト競争と顧客情報の争奪戦
 -本当に、医療介護ヘルスケア業界は儲かるのか?
3.2025年、狭義の医療業界は解体する
 -医療業界から医療バリューチェーンへ
 -さらには、スマートシティ、スマートホームに接続する医療バリューチェーン
 -顧客インテリジェンス力によって、再編される医療業界
4.医療ビジネス成功のポイント
 -医療ビジネスの新領域とは
 -ビジネス成功の7つの条件
 -ビジネス開発の進め方とチェックポイント
5.質疑応答/名刺交換

※プログラムは変更する場合があります。予め御了承ください

【お問い合わせ先】新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、
創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する
情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)