自動車・バイク 医療・医薬・福祉

近距離モビリティWHILLがリアルタイムの移動検索・手配サービス「JAL MaaS」に登場

WHILL株式会社
~空港内や目的地までの歩行領域の移動をシームレスにつなぎ快適な旅をサポート~

WHILL株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:杉江理、以下「WHILL社」)は、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)が、空港を中心とした移動の検索・手配をサポートするリアルタイムの経路検索サービス「JAL MaaS」を2022年2月17日より運用開始するにあたり、本サービス検索オプションに表示される移動手段の一つとして、近距離モビリティWHILLを選択できることを発表いたします。


空の便と地上交通を組み合わせたタイムリーな経路検索サービスの提供は、国内の航空会社としては初めてで、免許不要で誰もが乗ることができるWHILLを活用することにより目的地までの歩行領域や屋内・施設内の移動をシームレスにつなぎ、長距離の歩行や体力に不安を抱える方やご高齢の方、足腰に障害がある方などを含むすべての人にとっての快適なお出かけや旅をサポートします。

JAL MaaSは、空港を中心としたその前後の移動の検索や、地上交通の予約・手配がワンストップで可能となるサービスです。WHILLについては、検索画面の“交通手段(移動手段)”から「近距離モビリティ(次世代型電動車椅子)」を選択すると、例えば羽田空港を利用する場合、同空港国内線で実用化されている「WHILL自動運転モビリティサービス」が、第1ターミナルの保安検査場から利用する搭乗口までの経路案内として表示されます。



また、「近距離モビリティ(次世代型電動車椅子)」を選択中は、旅先や目的地での移動手段の“おすすめ”に折りたたみが可能な「WHILL Model F」が表示され、ご自身の移動スタイルに合わせてご自宅のほか旅先でも受け取ることができる日額レンタル(※最短3日間)をお申し込みいただけます。


WHILL社は今後も、「すべての人の移動を楽しくスマートにする」というミッションを掲げ、 JALをはじめさまざまなパートナー企業と連携しながら、誰もが自由で快適にお出かけや旅行を楽しめるユニバーサルツーリズムの普及拡大や近距離移動のプラットフォームの構築などに取り組んでまいります。

■JAL MaaS サービス概要
◇サービス開始:2022年2月17日(木)~
◇検索対象経路:JALグループ国内線(コードシェア・連結子会社便含む(注1)、WHILL社を含む日本国内における地上交通など
◇利用方法:JAL Webサイト「ホームページ」「発着案内」からアクセス可能(注2)
◇利用対象ページ: https://www.jal.co.jp/jp/ja/relations/jalmaas/
注1:FDA/JJP/AMX/SJO
注2:今後、「JAL」アプリでのサービス提供も予定しております。

■WHILL自動運転モビリティサービスについて
WHILL社が開発する、デザイン性と走破性に優れたパーソナルモビリティに自動運転・自動停止機能などを搭載した「WHILL自動運転モデル」と、複数の機体を管理・運用するシステムから構成される、歩道・室内領域のための自動運転サービス。あらかじめ収集した地図情報と、センサー群で検知した周囲の状況を照らし合わせ、自動走行および自動運転による無人での返却が可能。


■WHILL Model Fについて
高いデザイン性や小回りなどの操作性を兼ね備えた、折りたためるタイプのモビリティ。CES2022では日本企業として唯一、最優秀賞である「Best of Innovation Award」を受賞しました。
製品について:https://whill.inc/jp/model-f


■WHILL日額レンタル
自宅のほかホテルなどの旅先でも受け取りが可能な、WHILL Model Fの短期レンタルサービス。3日間~30日間の期間内でご利用日数に応じた期間を選択できるほか、簡単な手続きでご指定の場所にお届けします。料金は、1日あたり3,840円*(非課税、送料別)となり、利用者の移動スタイルに応じた柔軟な使い方が可能です。*3日間レンタルの場合
WHILL日額レンタルについて:https://whill.inc/jp/daily-rental

<WHILL社について>
WHILL社は、「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションとして、世界中で近距離移動のプロダクト・サービスを展開しています。2012年5月に日本で創業し、2013年4月に米国、2018年8月にオランダ、2019年12月には中国に拠点を設立しました。近距離モビリティWHILLの販売、レンタルサービス、及びシェアリングサービスの3事業を展開し、販売とレンタルサービスの事業では高いデザイン性や操作性などを備えたWHILLを、20以上の国と地域で展開しています。シェアリングサービスの事業では、自動運転とマニュアル運転の両形態を活用し、スポット的にだれもが目的地まで安全かつ快適に移動できるプラットフォームを提供しています。3本柱の事業を通じ、歩道だけでなく屋内まで走ることができ、他の移動手段では行けなかった、どんな場所にもつながる世界を構築します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)