美容・健康 流通

オーガニックスキンケア<ジュリーク>2022年3月1日(火)ブランドロゴ リニューアルのご案内

ジュリーク・ジャパン株式会社
更なる進化を目指し、ジュリークはリブランディングをスタートすることとなりました。





3月1日(火)リブランディングの第一弾として、ブランドロゴをリニューアルいたします。
ロゴリニューアル後、商品パッケージや店舗など、順次リブランディングを進めて行く予定です。

2022年半ばには、次のステップとなるご案内を予定しておりますので是非ご期待ください。



1985年から現在に至るまで
オーストラリア アデレードの地にオーガニック認証自社農園を所有し、化粧品の原料となる植物を育てることからこだわり抜くブランドとして商品開発をはじめ様々な活動を行ってきたジュリーク。

「サステナブル」や「ホリスティック」という言葉がなかった時代から、それらをブランドの理念の一つとして活動をして参りました。

それは、創業者の理念に基づく、地球にも人にも優しいホリスティックビューティー、Well-being(幸福で心地よい状態)へと導くリチュアルです。

ジュリークの理念と人々のサステナビリティへの想いが重なり合う今、私たちはジュリークのコアバリューを今一度考え、リブランディングを行います。

創業当時から変わらぬ想いと、植物の生命力を新しいロゴにのせて
地球にやさしく、人にもやさしい
心地よい体験をより多くの方にお届けできるようジュリークはこれからも自然との懸け橋となり
皆様をWell-being(幸福で心地よい状態)に導く存在になりたいと考えています。


【新ブランドロゴ・新エンブレム】



ジュリークが大切にしているキーワードを込めて、ブランドに魂を与え、更に力強く、人々を魅了する、 想いがつまった新しいロゴが誕生しました。
2007年ロゴからのナチュラルな要素はそのままに、自社農園で育まれた植物のように文字に強さを出しています。



植物の生命が躍動する力
‘J’のエンブレムは、Jurliqueのロゴタイプの形に基づいており、自然の縮図である「葉」と「J」をミックスしデザインされています。ブランドの特異性である“植物の生命力”を表現しています。


[ ジュリークが大切にしている9つのキーワード ]



EMBRACING THE
LIFE FORCE OF NATURE.

-植物の生命が躍動する力を取り入れる-

FROM SEED TO SKIN.
種から肌へ

FROM OUR FARM TO YOU.
私たちの農園から皆様へ


[MANIFESTO]
私たちは
LIFE FORCE OF NATURE(植物の生命が躍動する力)を信じています

大地が育む植物たちには研究室を遥かに超えるパワーがあると私たちは信じています。
そして私たちは大地がもたらしてくれるよりもさらに多くを大地へ還元したいと思っています。
ジュリークの活動の中心には、いつも“大地や植物”があります。

私たちは
大地や植物と深く調和し、その躍動する力を取り入れています

1985年以来、オーストラリア アデレードにあるジュリークオーガニック認証自社農園で、バイオダイナミック無農薬有機農法により植物を育み、栽培し、収穫してきました。
そして独自製法で植物から抽出される成分とオリジナルブレンドを組み合わせることにより、パワフルなスキンケア商品を生み出しています。
ジュリークならではのバイオイントリンジック製法で自然の恵み、その植物の生命が躍動する力を一切無駄にすることなく活かしており、そこに私たちジュリークの専門性があります。

自然や植物と自分自身や仲間を深くつなげていくことで、
WELL-BEING( 幸福で心地よい状態)に皆様を導いていきます

私たちは肌、心、そして身体を目覚めさせる、ホリスティック・コンシャスビューティーリチュアルを提案しています。
美に対するユニークなアプローチを体験していただくことにより、
繋がりを感じ、気分を高め、生まれ変わったような気分を味わっていただけるでしょう。




【企業名】
ジュリーク・ジャパン

【ブランドサイト】
https://jurlique-japan.com/

【SNS】
Instagram: https://www.instagram.com/jurlique.jp
Twitter: https://twitter.com/jurlique_JP
Facebook: https://www.facebook.com/jurlique.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)