医療・医薬・福祉

新型コロナウイルス感染症等に対するヒトiPS細胞由来の肺細胞を用いた「呼吸器感染モデル(薬効評価)試験受託サービス」を開始

HiLung株式会社
iPS細胞技術の活用により従来のヒト肺細胞では難しかった、スループットの高い解析が可能に

ヒトiPS細胞由来肺細胞テクノロジーベンチャーのHiLung株式会社(本社:京都市左京区 代表:山本佑樹(以下「当社」)は、ヒトiPS細胞由来の肺細胞を用いた感染症モデル(含 新型コロナウイルス感染モデル)による試験受託を開始したことをお知らせいたします。 本サービスにより、呼吸器感染症領域において、ヒト外挿性の高い試験を行うことができるだけでなく、iPS細胞技術を活用することで従来のヒト肺細胞では難しかったスループットの高い解析が可能になります。 https://www.hilung.com/news/20220118.html



技術/サービスの特徴
弊社のコア技術のひとつであるヒトiPS細胞由来の呼吸器細胞は、ヒト生体の細胞に近い成熟かつ高機能であることに特徴があります。この細胞の強みに基いて「ヒト生体現象の再現性」「細胞増殖性(製品の安定供給能力)」及びお客様の柔軟なご要望にお応えできる「多様なアプリケーションへの対応力」を受託試験サービスの価値として提供いたします。

当受託サービスに関するお問い合わせはこちらにご連絡ください。
contact@hilung.com


本試験受託サービス開始の背景

当社はヒトiPS細胞由来気道上皮細胞および肺胞上皮細胞を作成・提供しており、これら呼吸器細胞の応用先として、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどのヒト呼吸器感染モデルを作成・検証してまいりました。このたび、こうした呼吸器ウイルス感染モデルを用いた薬効評価サービスを、研究機関・企業の皆様に提供することにいたしました。
従来の創薬研究などに頻用されてきた株化された細胞(ヒトがん細胞等)や動物肺モデル等を用いた評価が呼吸器由来ではないのに対し、弊社のヒト呼吸器モデルは実際のヒト呼吸器の病態生理の再現性が飛躍的に高いと考えられ、ヒトでの薬効予測やスクリーニングを行う上で有用なデータを得ることが期待できます。特にこれは、細胞種別によって感染自体の成立やその後の病態の異なる感染症領域では、大きな違いとして現れます。


COVID-19モデル本試験受託サービスの概要

ヒトiPS細胞由来の当社技術で使用細胞量を容易に増やせる利点を活かし、スループット高く多数のアッセイや多数の医薬品 (候補化合物)の評価ができるようになりますので、依頼者様の様々なニーズに応じた柔軟かつ効率のよい試験設計が可能です。また、国内研究機関との連携により、新型コロナウイルス(含 オミクロン株等の変異株バリエーションでの検討)など、取り扱いに際して高いバイオセーフティレベルが求められるウイルスでの評価も容易になります。 



COVID-19モデルサービスのイメージ
上記サービスを通じて、お客様のCOVID-19に関わる各種試験における「精度・成功率向上」「ハイスループット性」「科学的により妥当なアウトプットの獲得」という、医薬品の研究開発や生物学の基礎研究に必須の要件の実現に対して貢献してまいります。
参考論文: Yin X, Riva L, Pu Y, Martin-Sancho L, Kanamune J, Yamamoto Y, et al.
Cell Reports 2020; 34: 108628.
https://www.cell.com/cell-reports/pdf/S2211-1247(20)31617-X.pdf


当社サービスについて

当社は、ヒトiPS細胞由来 肺細胞を用いた各種受託試験サービスを今後はさらに広く提供してまいります。
インフルエンザや新型コロナウイルス感染症等に代表されるin vitro感染症モデル、肺線維症等の慢性呼吸器疾患のin vitro疾患モデル、曝露毒性試験用途等の細胞提供など、お客様の目的に応じて多種多様なモデル及び受託試験サービスが提供可能です。
今回リリースした薬効評価サービス以外にも、当社ヒト肺モデルを用いたその他の有効性/毒性試験・アッセイ等について、提供可能な場合がございますので、ご要望等がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。
なお当社は呼吸器専門領域のMD, Ph.D.人材を豊富に擁している背景から、当該分野の科学・医学的知識に知見が深く、試験計画の検討から試験結果の解釈まで、お客様と密に連携をとり支援する体制を整えております。




HiLung株式会社について

当社は、ヒトiPS細胞分化誘導技術を中心とした「肺幹細胞生物学」に基づく新たなサイエンスを通して、呼吸器疾患に対する進歩的な治療の開発加速を目指して2020年に創設。当社のヒトiPS細胞分化・加工技術を用いることで、世界で初めて生体とほぼ同等のヒト呼吸器上皮細胞の大量かつ安定的な培養に成功しました。この技術で作成された「ヒト肺疾患モデル」、さらにはAIやデバイスによる高度解析技術を組み合わせることで、患者さんに使用したときに高い有効性が期待できる治療薬候補を良質に予測・選別し、臨床試験に入る前の段階で効率的に見つけ出すことを可能にするプラットフォームを提供していきます。
詳細はウェブサイトをご覧ください。
https://www.hilung.com/

本案件及び当社サービスに関する問い合わせは下記までご連絡ください。
HiLung株式会社 コーポレート室 pr@hilung.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)