ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

「第二大阪警察病院」が新機能(次回予約情報表示)を追加して、 スマホアプリ『MyHospital』関西初導入

株式会社プラスメディ
病院の会計待ち・薬局での待ち時間を大幅に減らし、滞在時間の削減を実現


医療法人警和会 第二大阪警察病院(院長:越智隆弘、住所:大阪市天王寺区)は、患者の診察後の会計待ちや薬局での院外処方待ちによる過密対策のため、SMBCグループ 株式会社プラスメディ(代表取締役社長兼CEO:永田幹広、本社:東京都千代田区)が開発・運営する患者向けスマホアプリ『MyHospital』を導入、令和4年3月7日(月)からサービスを開始いたします。

患者向けスマホアプリ『MyHospital』は、医療機関で採用されている電子カルテシステム、医事システム等と連携し、患者のスマートフォンに「検査結果」や「処方箋情報」、「待合順番情報」、「会計情報」等を反映するスマホアプリです。また、「処方箋情報FAX送信機能」やアプリ内にクレジットカード情報を登録すれば「後払い会計機能」が使用でき、待合順番通知機能等と併せて院内滞在時間の短縮や密を回避させることが可能になります。『MyHospital』はこういった機能の中から医療機関が独自に最適な機能を選択・構成できる患者向けスマホアプリです。今回は6例目で関西圏では初の導入に加えて、新たな機能としてアプリ内カレンダーに手入力することなく、次回の診察日時や検査項目がアプリ内に表示される領収明細で確認できるようになりました。


今回、当病院が患者に提供するサービスは、下記の通りとなります。

1,次回予約情報表示(後払い会計利用時のみ)
診察終了後、『MyHospital』アプリ内に表示される領収明細に次回の診察の日時や検査項目が表記されるため、カレンダーに入力することなく確認ができます。

2,後払い(あとばらい)会計サービス
クレジットカードを登録することで精算機に並ぶことや窓口で精算することなくご帰宅いただけます。(1回あたり165円のサービス利用料がかかります)

3,処方箋情報FAX送信機能
診察後、処方箋情報がアプリに届きます。データをかかりつけの薬局にあらかじめ送信することができるので薬局で待ち時間少なく薬を受け取ることができます。


『MyHospital』の使用方法は、以下の登録方法をご参照ください。

【登録方法】

1, App Store、Google Play Storeで「MyHospital」を検索し、ダウンロードします。
2, アプリに基本情報を入力します。
3, アプリでQRコードを受け取ります。
4, 病院内に設置してあるMyHospitalサポートブースにて、本登録の完了です。
(診察券、本人確認書類、QRコードのご提示が必要です。)

以上


<記>

1, 病院名:医療法人警和会 第二大阪警察病院(住所:大阪市天王寺烏ヶ辻2-6-40 、電話:06-6773-7111)

2, 導入サービス名:患者向けスマホアプリ『MyHospital』(株式会社プラスメディ)

・次回予約情報表示機能
・後払い(あとばらい)会計
・処方箋情報FAX送信

3, サービス開始日:令和4年3月7日(月)



<この件に関するお問い合わせ先>
医療法人警和会 第二大阪警察病院 医事課 課長 磯崎康浩
大阪市天王寺烏ヶ辻2-6-40
メール: y-iso@oph.gr.jp 電話:06-6773-7111

株式会社プラスメディ  広報担当:九島洋一
東京都千代田区神田神保町2-5-11神保町センタービル6F
メール: press@plus-medi-corp.com 電話:080-7165-5497
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)