美容・健康 その他

100%自然由来成分*から生まれたオーガニックスキンケアのチャントアチャームから、乾燥などを繰り返すゆらぎ肌のための限定品2品が登場

株式会社ネイチャーズウェイ
* ISO16128-1で定義された自然成分、自然由来成分、鉱物由来成分のみを使用

株式会社ネイチャーズウェイ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:萩原吉晃、https://www.naturesway.co.jp)は、オーガニックスキンケアブランド「チャントアチャーム」より、乾燥などを繰り返すゆらぎ肌のための限定品2品を2022年3月1日に(火)発売いたします。https://www.chantacharm.jp




春先の不安定な肌にうるおいを与えて守る、クレンジングとミスト化粧水を2022年3月1日(火)に発売開始。



チャントアチャーム モイストバリアミスト



春の不安定なゆらぎ肌※1 を ふわっとひと吹きで肌をやさしく包み、 快適な肌状態に整えるミスト化粧水。
※1 乾燥により不安定で荒れやすい状態


<ミスト化粧水>150mL 2,200円(税込)



【発売背景】
冬から春への季節変化は、肌にとってとても過酷。冬の乾燥ダメージを引きずった状態に、花粉や黄砂、PM2.5、紫外線ダメージが直撃。さらに新しい生活環境によるストレスも加わることで、かゆみ、ヒリつき、赤みなどの肌トラブルが起こりやすくなります。
春先の不安定な肌だからこそ、肌状態にあったスキンケアをすることが大切と考え、肌をやさしく包み込み、うるおいで満たすミストローションを開発いたしました。
無香料・無着色・アルコールフリー。敏感肌の方にも安心して使用して頂けます。(敏感肌の方のご協力による使用テスト済。すべての方に皮膚刺激が起こらないというわけではありません。)

【商品特徴】
【1】細かなミストで乾燥や不快なべたつきを防ぎ、肌をさわやかに整えます
霧状のローションが肌をやさしく包み込み、心地よくうるおいを補給。乾燥が気になるとき、一日中いつでも気軽に使用でき、ボディケアとしてもお使いいただけます。

【2】春先のゆらぎ肌※1 を整え、肌を健やかに保つ ハーブエキスを配合
  
■山梨県の自社農場で育てた無農薬ハーブ ※2エキス
・コンフリー葉エキス(保湿・肌荒れ防止・収れん成分)
・ゼニアオイ花/葉/茎エキス(保湿・柔軟成分)
※2 化学農薬を使用せず、有機JAS規定の許容農薬に則り植物を栽培

■うるおいを蓄え、肌を健やかに保つ天然由来のセラミド配合
・コメ[コメヌカスフィンゴ糖脂質](保湿・肌荒れ防止)




チャントアチャーム クレンジングミルク バリア

肌トラブルが起こりやすい春先の不安定な肌にうるおいを蓄え、肌のバリア機能を守るミルククレンジング。メイクはもちろん、肌に付着した大気中の汚れもしっかりオフ。まつ毛エクステをされている方も使用することができ、ダブル洗顔不要で、肌摩擦も軽減します。



<メイク落とし> 130mL 2,750円(税込)

【商品特長】
【1】なじませるとオイルに変化し、洗いあがりはうるおいを残してしっとり
顔になじませるとミルクがオイルに変わり、油性・水性汚れをきちんとキャッチ。最後はミルクに戻ってうるおいを残します。

【2】うるおいを蓄え、肌をすこやかに保つ
肌を整える「オウゴン」、うるおい逃さず蓄える「コメ」が、うるおい膜をつくり、春特有の不安定な肌を守り、すこやかに保ちます。

【3】肌と心をやさしさで包み込む香り
気温の急激な変化や環境の変化で、肌も心もストレスを感じやすい季節に。ラベンダーブレンド※3のやさしい香りにつつまれ、心地よくメイク汚れをオフできます。
※3天然エッセンシャルオイルのみを使用

<オーガニックスキンケアブランド『チャントアチャーム』>
肌や体にはなるべくいいものを、自然にはできるだけ負担の少ないものを。現代を生きる女性なら、きっと誰もが願うこと。チャントアチャームは、100%自然由来成分*から生まれたオーガニックスキンケア。(*ISO16128-1で定義された自然成分、自然由来成分、鉱物由来成分のみを使用。)初めての方にもやさしく、ずっと使い続けられることにこだわっています。
自然と美しい毎日を。チャントアチャームが叶えます。

<株式会社ネイチャーズウェイ>
ネイチャーズウェイは1974年の創業以来、肌へのやさしさを追求し、自然素材にこだわった化粧品を提供し続けています。環境問題にもいち早く取り組み、「ネイチャーズウェイサステナブル環境基金」を設立。売上の一部を環境保護活動や社会貢献活動に役立て、製造や販売などの企業活動で生じる環境負荷を低減する取り組みも行っています。自然化粧品を通じ社会貢献を願うネイチャーズウェイは、これからも自然との関わりの中で歩んでまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)