医療・医薬・福祉

順天堂大学とソフトバンク、スマートホスピタルの実現に向けて連携を開始

学校法人 順天堂
学校法人順天堂 順天堂大学(学長:新井 一、以下「順天堂大学」)とソフトバンク株式会社(代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、順天堂大学医学部附属順天堂医院(以下「順天堂医院」)におけるスマートホスピタルの実現に向けて連携し、実証実験の取り組みを開始しますので、お知らせします。第1段階となる実証実験では、国内で初めてBluetooth(R) Meshネットワークを(※1)医療機関に構築し、看護師の働き方改革を支援するソリューションの開発および検証を行います。 順天堂医院の医療分野に関する専門的な知見と、ソフトバンクのテクノロジーへの知見やノウハウを生かし、医療現場のニーズや課題をテクノロジーで解決するスマートホスピタルの実現に向けて、共創していきます。


1. 実証実験の概要および背景
スマートホスピタルの実現に向けた第1段階として、順天堂医院の看護師を対象に、ICTを活用して看護業務の効率化を図るソリューションの提供を行います。

看護師は、患者さんの対応はもちろん、医師、メディカルスタッフ、医療事務との連携など重要な役割を担い、日々膨大な業務を抱えています。こうした業務を効率的に進めるために、看護師同士のスムーズな業務連携が鍵となります。実証実験では、互いのスケジュール、タスク内容、現在位置などが可視化でき、スムーズな連携や最適な人員配置を支援するソリューションを提供します。

具体的には、看護師がモバイル端末(スマートフォンやタブレット)を携帯し、互いのスケジュールやタスクの進捗を一覧で確認できるようにします。また、IoTソリューションを提供する株式会社WHERE(代表取締役:丸田 一)が開発したBluetooth Meshネットワークを病院内に構築し、高精度な位置情報を取得することで、どの看護師がどの病床(ベッド)で業務に当たっているか、リアルタイムで緻密に把握できる仕組みを構築します。さらに、看護師の位置情報とナースコールの呼び出しを連携させ、迅速に対応できるワークフローを確立します。

Bluetooth Meshネットワークは、2017年に規格化されたBluetooth技術の一つです。メッシュ(格子)型のネットワークを構築することで、1~2メートル単位での高精度な屋内での位置の計測ができます。この技術を活用することで、病床(ベッド)単位で測位が可能になり、看護師がどの患者さんの看護に当たっているのかがわかります。Bluetooth Meshネットワークは、海外の医療機関での導入事例はありますが、日本の医療機関での導入は初となります。

看護師の動線と業務状況をリアルタイムで可視化することで、看護師間のスムーズな連携を可能にし、看護業務の効率化と質向上につなげます。

<イメージ図>



2. 今後の展開
第2段階以降の取り組みとして、AI(人工知能)やIoTプラットフォームなどを活用し、入院患者さんのQOL(クオリティー・オブ・ライフ)の向上や外来患者さんの通院・受診支援を実現する共同研究を検討していきます。病院の業務効率化から、入院や通院、在宅、自宅での支援も視野に入れた共同研究を展開し、スマートホスピタルの実現を目指していきます。

※1 2019年3月14日現在、株式会社WHERE調べ
※  この実証実験は、厚生労働省が定める「医療機関における携帯電話等の使用に関する指針」に従って実施します。

順天堂大学について
順天堂は、1838(天保9)年、学祖・佐藤泰然が江戸・薬研堀(現在の東京都中央区東日本橋2-6-8)に設立したオランダ医学塾・和田塾に端を発し、今につながる日本最古の西洋医学塾です。医学部をはじめとした6学部、3大学院研究科、6医学部附属病院からなる「健康総合大学・大学院大学」として教育・研究・医療を通じた国際レベルでの社会貢献と人材育成を行っています。詳細はウェブサイトをご参照ください。https://www.juntendo.ac.jp/

ソフトバンクについて
ソフトバンク株式会社は、ソフトバンクグループ株式会社の子会社で、移動通信サービス、固定通信サービス、インターネット接続サービスなどを提供しています。グループ企業とのシナジーを発揮し、ICTを通じて人々のライフスタイルを革新することを目指して事業を展開するとともに、IoTやロボット、エネルギーなどの分野でも事業を拡大しています。詳細はウェブサイトをご参照ください。https://www.softbank.jp/

WHEREについて
株式会社WHERE(代表取締役:丸田 一、本社:東京都千代田区) は、IoT専用インフラ「EXBeaconプラットフォーム」などを提供するIoTソリューション開発販売会社です。ハードウエアの試作から組込、置局設計施工、アプリ開発、データ解析までIoT開発に求められる技術群をほとんど社内に保持することで、価値の高いIoTソリューションを提供します。株式会社協和エクシオの100%子会社です。詳細はウェブサイトをご参照ください。https://where123.jp/


Bluetooth(R)は米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
その他、このプレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会