広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

フィルグラスチム市場、2030年に7億4,590万米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「フィルグラスチムの世界市場:薬剤タイプ別・適応症別・流通チャネル別の市場機会分析および業界予測(2021年~2030年)」(Allied Market Research)の販売を2月22日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/amr1043770-filgrastim-market-by-drug-type-indication.html




市場の概要
フィルグラスチムの世界市場は、2020年には5億6,250万米ドル規模に達しました。2021年から2030年にかけて、市場は2.8%のCAGRで成長し、2030年には7億4,590万米ドル規模に達すると予測されています。フィルグラスチムは、組換えDNA由来の顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)で、血液中の好中球が少ない場合の治療によく用いられます。また、ルカフェレーシスで白血球が増加した場合にもよく採用されます。フィルグラスチムには、関節の違和感、胸の痛み、脱毛、嘔吐などの副作用があります。

フィルグラスチムは、好中球の産生を促進する天然由来のG-CSFの遺伝子組換え体です。米国では1991年に血中好中球減少症の治療薬として認可されました。世界保健機関(WHO)は、フィルグラスチムを安全で最も効果的な医薬品として「必須医薬品リスト」に掲載しています。フィルグラスチムは、アムジェン社によって発見され、「Neupogen」という商品名で販売されていました。世界中で多くのバイオシミラー企業がフィルグラスチムの製造・販売を行っています。フィルグラスチムの価格は、米国では約200ドル、英国では約50ユーロ、発展途上国では約100ドルとなっています。

市場の動向
フィルグラスチム市場は、様々な疾患の罹患率の増加や高齢者人口の急増などの要因により成長しています。また、医療費削減の必要性の増加や、高いコストパフォーマンスからフィルグラスチムの需要が急増していることも、この市場の成長を後押しすると予想されています。さらに、好中球減少症の治療にバイオシミラーの需要が急増していることも、市場成長の促進要因となっています。しかし、フィルグラスチムの一般的な副作用として、関節痛、胸痛、脱毛、嘔吐などがあり、これが市場の成長を抑制しています。逆に、効果的で革新的なバイオシミラーを開発するための研究開発活動への大規模な投資の増加は、市場にさらなるチャンスをもたらすと予想されています。

また、フィルグラスチムは、骨髄移植や化学療法後に起こる好中球減少症の治療に使用されています。また、様々な悪性腫瘍の治療における支持療法としても使用されています。最近の10年間で、先進国ではがんの予防が大きく進展し、政府主導で早期治療への意識を高めるキャンペーンが行われています。これらの理由により、世界のフィルグラスチム市場は、予測期間において成長すると予想されています。Grafeel、Colstim、Neukine、Filcadなどの承認済みバイオシミラーは、発展途上国でははるかに安価で容易に入手できるため、世界のフィルグラスチム市場の成長をさらに加速すると予想されています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/amr1043770-filgrastim-market-by-drug-type-indication.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)