食品・飲料

とろとろ野菜仕立て!シーズンレスおかゆ『もち麦ポタージュ粥』3/1(火)新発売!

株式会社はくばく
- 温め不要で簡単。冷やしても美味しい! -

穀物のリーディングカンパニー株式会社はくばく(本社:山梨県中央市、代表取締役社長:長澤 重俊)は、自社おかゆブランド「暮らしのおかゆシリーズ」から、『冷製もち麦のポタージュ粥』3品を2022年3月1日(火)より全国で新発売します。



春夏季節の即席かゆの市場は2020年から2021年比で113%と伸長しています。※1
また、本格的な味が楽しめるおかゆ専門店の数も増えてきており、病気の時に食べる食事のイメージから日常的に食べるヘルシーな食事へと変化し、女性の支持を獲得しています。夏場は時短で簡単に、そして冷たいものをあっさりと食べたいニーズが高まります。※2
本商品は、春夏の季節にピッタリの”冷やしておいしい”新しいおかゆです。野菜仕立てのポタージュ味に健康食材のもち麦を加えることで、栄養たっぷり、満足感がありながら低カロリーな商品に仕上げました。冷製にピッタリなトマト、コーン、かぼちゃ3種類の味の野菜ポタージュを展開。朝食、昼食、間食、夕食とさまざまなシーンでお楽しみいただけます。からだにやさしい主食から暮らしをサポートいたします。暮らしを整える”おかゆ習慣”を始めてみませんか?
※1 日経POS 即席がゆ販売金額(2020,2021年 3-8月) ※2 はくばく調べ(N=400 20~30代女性)

・冷やしてもそのまま常温で食べてもおいしい!温め調理が不要な簡便食。
・もち麦と野菜の栄養もいっしょに摂れて、低カロリーで健康的。
・野菜仕立てのポタージュとおかゆのやさしい味わいにもち麦の食感で、1袋で満足感。
■商品ブランドサイト:https://www.hakubaku.co.jp/brand/kurashinookayu/ (3月1日昼公開)

冷やしてもそのままでも。とろとろ野菜仕立て『もち麦のポタージュ粥』

●『もち麦のポタージュ粥』とは?
「ポタージュ粥」という名前に合った”とろみ”にこだわり、ベースに米だけでなくもち麦を加えて具材感たっぷり。おかゆとしても、スープとしても楽しめます。また、冷やしてもそのまま常温で食べてもおいしい味付けになっており、これまでのおかゆにないシーズンレスな商品です。
●こだわりの国産原料
・国産もち麦:冷たいときには噛みごたえがあり、温かいときにはぷちっとした食感で、食べごたえを下支えして 
       います。米だけのおかゆに比べて、冷製でもおいしく食べられる仕様に!
・国産コシヒカリ:冷たいときも温かいときも、とろみのあるなめらかな食感で、とろみを演出。

■各商品特徴■


■商品概要■





日常食の新定番。私の暮らしを整える「暮らしのおかゆシリーズ」とは?



■シリーズ特徴■
日常的に食べたいおかゆは、粒立ちのよい、やさしい味。
だから「暮らしのおかゆ」は、“粒立ち”と“やさしい味”、そして安全で安心な“原料”にこだわりました。




はくばくについて



当社の社名「はくばく」は白い大麦という意味です。創業社長である祖父が「もっと麦ご飯を喜んで食べてもらいたい。」という思いから、大麦を一粒一粒半分に割って黒い筋を目立たなくした製品を開発しました。
以来、我々はくばくは穀物とともに歩み、精麦の他、雑穀、和麺、麦茶、穀粉、米を事業として手がけるようになりました。
人類を太古から支えてきた大切な「穀物」を、現代の食卓へもっと多く登場させ、もっと楽しんで食べてもらうこと。それは家族の笑顔が増えること。またそれは家族が健康になることだと考えています。これを実現するために、我々はくばくは「穀物の感動的価値を創造する」ことを社員一丸となって本気で目指して参ります。(株式会社はくばく 代表取締役社長 長澤 重俊)

社名  : 株式会社はくばく
所在地 : 〒409-3843 山梨県中央市西花輪4629
代表  : 代表取締役社長 長澤 重俊
設立  : 昭和16年4月15日
資本金 : 98,000,000円
事業内容: 食品製造および販売
URL  : https://www.hakubaku.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)