医療・医薬・福祉 美容・健康

フューチャーセルジャパン株式会社・東京大学と産学共同研究スタート

フューチャーセルジャパン株式会社
-新規化粧品原料開発と機能評価に向けて-

フューチャーセルジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 山本健治)は、東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター・健康環境医工学(東京都文京区)と共同研究を開始しました。


フューチャーセルジャパン(株)は、ヒト臍帯血細胞培養上清液等を利用した化粧品開発や原料販売等を行なってきましたが、この度、新規化粧品原料の開発及びその機能性評価を目的として、令和3年12月より東京大学と共同研究契約を締結しました。共同研究開始に伴い、フューチャーセルジャパン(株)から研究員を派遣し、開発に着手しました。

アレルギー性のアトピー性皮膚炎や自己免疫疾患である乾癬寛解に寄与しているアリールハイドロカーボン受容体(AhR)の研究において第一線で活躍している大迫誠一郎准教授の研究を基盤に、各種グロースファクターやiPS細胞の培養上清を複合的に皮膚に曝露し、その機能を病理組織や遺伝子発現レベルで解析し、新規化粧品原料の開発をめざします。



製品に関するお問い合わせ先
会社名:フューチャーセルジャパン株式会社
代表者:山本健治
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山3丁目8番40号 青山センタービル2F
設立年月日:2020年2月4日
TEL: 03-5324-2294

e-mail:info@futurecelljapan.co.jp
U R L:http://www.futurecelljapan.co.jp/

事業内容:化粧品の製造販売、化粧品原料の販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)