食品・飲料

『アサヒスタイルフリー<生>』クオリティアップ~2021年の販売数量は前年比107%と好調に推移し、過去最高売上を達成~

アサヒビール株式会社

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、発泡酒『アサヒスタイルフリー<生>』の中味とパッケージデザインを、3月上旬製造分からクオリティアップします。


 『アサヒスタイルフリー<生>』は、すっきり爽快な飲みやすさとしっかりとした麦の味わいが特長の“糖質ゼロ※”の発泡酒です。今回のクオリティアップでは、大麦の使用比率を上げ、麦芽エキスを新たに採用することで、ビールらしい香りや味わいをより高めました。パッケージは従来のデザインをベースに、糖質などに配慮したビール類の飲用者に関心が高い「カロリー」表示の視認性を高め、缶体上部に“新”アイコンを大きく入れることでクオリティアップを訴求します。
 5月9日から12月末まで『アサヒスタイルフリー<生>』に加え『スタイルフリーパーフェクト』『アサヒ オフ』『クリアアサヒ 贅沢ゼロ』の4ブランドを対象に、さまざまな賞品が抽選で当たる「気ままに糖質ゼロキャンペーン」を実施することで、購入喚起を図ります。

 糖質などに配慮したビール類は、健康意識の高まりから飲用者が増加しています。継続飲用者が多く、一人当たりの購入量も多い傾向にあり、ビール類市場の中で根強い支持を集めています。『アサヒスタイルフリー<生>』は、ビール類に対して糖質を抑えた商品を求めるニーズが高まる中、2007年にアサヒビールが業界で初めて“糖質ゼロ”を実現した発泡酒として発売しました。2021年は、WEBやSNSなどデジタルを活用した情報発信に加え、3年ぶりとなるTVCMを放映するなどプロモーション活動を強化し、販売数量は前年比107%となり、過去最高売上を達成しました。今回のクオリティアップを通じて、“糖質ゼロ”のビール類のおいしさをお客さまに体験していただき“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。
※食品表示基準による。以下同様。

【商品概要】
商品名:アサヒスタイルフリー<生>
品目:発泡酒
発売品種:缶350ml、缶500ml
アルコール分:4%
純アルコール量:缶350ml:11.2g、缶500ml:16g
スケジュール:3月上旬製造分から切り替え
製造工場:北海道工場、福島工場、茨城工場、神奈川工場、名古屋工場、吹田工場、四国工場、博多工場
発売地区:全国
価格:オープン価格
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)