医療・医薬・福祉

いつまでも「食べる」楽しみとワクワクを。“100歳を迎えた入居者が生まれて初めての「ハンバーガー」を食す”

社会福祉法人 聖隷福祉事業団
 社会福祉法人 聖隷福祉事業団が運営する介護付有料老人ホーム松山エデンの園(愛媛県松山市/園長:栗田昌宏)において、100歳を迎えた入居者の誕生日イベントとして「生まれて初めて食すハンバーガー」を行いました。


 松山エデンの園に昭和63年に入居し、今月100歳(大正11年2月11日生まれ)を迎えた入居者が、新聞の折込広告で見つけたモスバーガーを「一度でいいから食べてみたい」と言ったことから企画が始まりました。
 入居者は一般的な食事はとられているものの、ハンバーガーは大きく、嚥下(※1)などを考えると食べづらいのではないか、どうすれば安全に食べていただけるかなどを介護職員が中心となり検討を重ねました。また、株式会社モスフードサービスさんにも連絡をさせていただき、ご厚意で食べやすい「半分カット」をしていただけることになりました。
 ハンバーガーを半分カットし、入居者はこぼすことなく、食べやすくなるので楽しんで食べていただけるとホッとしましたが、当日は、「半分カット」したハンバーガーを食べることなく、職員が見守る中カットしていないハンバーガーを「美味しい、美味しい」と言いながら完食されました。(※1)嚥下(えんげ)とは、口の中で咀しゃくした食事を飲みこみやすい大きさに取りまとめ喉の奥へ飲みこみ、食道から胃へ送り込むことを嚥下といいます。


念願のハンバーガーと初対面
「とびきりトマト&レタス」バーガーを完食


■誕生日企画を終えて
 企画を実現し、入居者の笑顔が見られ、幸せな気持ちになりました。今後も入居者の気持ちに寄り添い笑顔が見られるような企画やケアを頑張りたいと改めて思いました。
 コロナ禍で孤食が増えている中、エデンの園では感染対策を徹底したうえで、集まって食べていただいております。
集まって食事をすることで人と人とのつながりを感じることができるからです。行動が制限される中でも、楽しんでいただけるように、お正月やひな祭りなど、季節ごとのメニューや飾りつけを工夫し、いつまでも「食べる」楽しみとワクワクを感じられる環境づくりも行っております。

■松山フライブルグ通り店の皆様から、動画での誕生日メッセージと誕生日カードをいただきました。
松山フライブルグ通り店
松山フライブルグ通り店の皆様



■介護付有料老人ホーム 松山エデンの園の概要
松山エデンの園は、市街地にも近い緑豊かな住宅街に立地しています。1980年6月に開設後、2006年に介護居室35室を開設し全146室、エデンの園としては小規模で、アットホームな雰囲気を大切にした運営を行っています。また、隣に11の診療科と155床を有する医療法人 聖愛会 松山ベテル病院があるため、健康管理や医療面においても安心です。
介護付有料老人ホーム 松山エデンの園
〒790-0833 
愛媛県松山市祝谷6-1248
TEL:089-922-6656
FAX:089-922-6614
松山エデンの園
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)