その他 医療・医薬・福祉

外国人介護士(介護特定技能・介護技能実習生)の入国緩和により入国を開始しました。

日本介護事業協同組合
第一便の入国は2022年3月12日(土)又は17日(木)8:50分に羽田空港に到着予定です。

日本の医療・介護業界で活躍してくれる外国人介護士の再入国が始まりました!


 今年の3月から新規入国制限が緩和されました。我々としても一早く入国を開始させます。我々のインドネシアのバリ島にあるフジアカデミーバリ(日本語、職業訓練学校)からの入国になります。介護業界の人手不足は、未だに改善されることなく人手不足によるサービス低下や労働環境の悪化による離職率の上昇が抑えきれません。一昨年あたりから介護業界にも、外国人の就労が始まったばかりの中で2年近く入国ができなかったことは、医療・介護業界としても大きな痛手になりました。我々もお客様からのご要望に早くお答えするべき、外国人介護士の入国を一早くさせる運びとなりました。*写真(フジアカデミーバリ)(一昨年の入国の様子)

                                         日本介護事業協同組合
                                   URL:http://www.jp-kaigo.com/



  
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)