医療・医薬・福祉

【岡山大学】癌の協力者が免疫回避の一翼を担う?~ミャンマー人留学生が異国の地で快挙~

国立大学法人岡山大学

2022(令和4)年 2月 25日
国立大学法人岡山大学
http://www.okayama-u.ac.jp/




<発表のポイント>


口腔癌細胞に影響を受けた癌間質細胞が、CCL2を分泌することで癌組織に骨髄由来免疫抑制細胞を動員することを発見しました。
動物実験で、CCL2を抑制すると、腫瘍組織における骨髄由来免疫抑制細胞の動員が抑えられ、癌間質細胞同士の協力を阻害することができました。
癌免疫療法の成功率を上げるヒントとなる可能性があります。



◆概 要
 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)学術研究院医歯薬学域口腔病理学分野(長塚仁教授)の河合穂高助教とミャンマー人留学生のメイ ワト ウ 大学院生の共同研究グループは、口腔癌細胞の影響を受けた間質細胞が、CCL2を介して免疫を阻害する骨髄由来細胞を腫瘍組織に呼び寄せ、腫瘍免疫を抑制することを発見しました。

 これらの研究成果は2022年1月11日に、米国の医学系雑誌である「JCI-insight」にResearch Articleとして掲載されました。

 近年、癌組織に存在する癌の影響を受けた一部の間質細胞(線維芽細胞や腫瘍血管などの非癌細胞)は、癌細胞を助け、より病気の進行を早めることが知られています。さらに厄介なのは、腫瘍は骨髄から細胞を動員することで、免疫抑制や腫瘍の悪性化に役立てています。

 本研究では、癌に影響を受けた間質細胞が、CCL2という炎症性物質を放出して骨髄由来細胞を腫瘍組織に動員し、免疫抑制に寄与していることを明らかにしました。この発見は、癌の協力者たる間質細胞が、新たな癌の協力者を腫瘍組織に呼び寄せていることを意味し、新しい癌の病態の一面を明らかにしたものです。この研究結果は、癌細胞に特化した治療の限界や、癌の協力者同士の関係性を断ち切るような新たな治療法の確立の重要性など、今後の癌治療を考える上で重要な成果と言えます。

 また、本論文を筆頭著者であるメイさんは、ミャンマーから来た留学生です。彼女は、留学中に日本で祖国のクーデターを経験しました。祖国に帰れず、本人にできることも限られる中、懸命に研究に取り組み論文を完成させました。この論文には、祖国のためになればという彼女の強い想いと、未来への熱い希望が込められています。


◆研究者らからのひとこと
 <メイ ワト ウ 大学院生>

 Cancer is a challenge to human beings and is histologically sophisticated. I conducted oral cancer research, and I was surprised that we found how the resident stroma-secreted factors are important in oral cancer. I would like to continue research and contribute my work to the future of humanity.
メイ ワト ウ 大学院生

 <河合穂高 助教>
 多くの先生方の力を借りて、癌の「チームワーク」の一端を明らかに出来ました。これからも、人間のチームワークで癌の病態を解き明かしていきたいです。
河合穂高 助教

◆論文情報
 論 文 名:Resident stroma-secreted chemokine CCL2 governs myeloid-derived suppressor cells in the tumor microenvironment
 掲 載 誌:JCI-insight
 著  者:May Wathone Oo, Hotaka Kawai *, Kiyofumi Takabatake, Shuta Tomida, Takanori Eguchi, Kisho Ono, Qiusheng Shan, Toshiaki Ohara, Saori Yoshida, Haruka Omori, Shintaro Sukegawa, Keisuke Nakano, Kuniaki Okamoto, Akira Sasaki, and Hitoshi Nagatsuka
 D O I:10.1172/jci.insight.148960
 U R L:https://insight.jci.org/articles/view/148960


◆詳しいプレスリリースについて
 癌の協力者が免疫回避の一翼を担う?~ミャンマー人留学生が異国の地で快挙~
 https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press_r3/press20220217-3.pdf


◆参 考
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
 https://www.mdps.okayama-u.ac.jp/
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 口腔病理学分野
 https://www.okayama-u.ac.jp/user/oralpath/index.html
・岡山大学 歯学部
 http://www.okayama-u.ac.jp/user/dent/index.html
・岡山大学病院
 https://www.okayama-u.ac.jp/user/hospital/


◆参考情報
・がんを兵糧攻め!口腔がんの血管に発現する新たな標的物質を発見
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id666.html



岡山大学歯学部(岡山市北区)


◆本件お問い合わせ先
 岡山大学 学術研究院 医歯薬学域(歯)口腔病理学分野 助教 河合穂高
 〒700-8525 岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5番1号 岡山大学鹿田キャンパス 歯学部棟
 TEL:086-235-6651
 https://www.okayama-u.ac.jp/user/oralpath/index.html

<岡山大学病院との連携等に関する件(製薬・医療機器企業関係者の方)>
 岡山大学病院 新医療研究開発センター
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
 下記URLより該当する案件についてお問い合わせください
 http://shin-iryo.hospital.okayama-u.ac.jp/ph_company/

<岡山大学病院との連携等に関する件(医療関係者・研究者の方)>
 岡山大学病院 研究推進課 産学官連携推進担当
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
 TEL:086-235-7983
 E-mail:ouh-csnw◎adm.okayama-u.ac.jp
     ※ ◎を@に置き換えて下さい
 http://shin-iryo.hospital.okayama-u.ac.jp/medical/

<岡山大学の産学官連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学官連携本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8463
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
     ※ ◎を@に置き換えて下さい
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学Image Movie (YouTube):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 「岡大TV」(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCi4hPHf_jZ1FXqJfsacUqaw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2022年2月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000474.000072793.html

 岡山大学『THEインパクトランキング2021』総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html
 岡山大学『大学ブランド・イメージ調査2021~2022』「SDGsに積極的な大学」中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000072793.html
 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html


国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)