企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

小型ロボットアーム「DOBOT」とやわらかさセンサー「SOFTGRAM(R)」で新たなソリューションを発表

アフレル
~教育支援サービスのアフレルとセンシング技術の新光電子が製品販売で提携、3/16-18のMedtec Japan 2020にて展示・紹介~

株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英、以降「アフレル」)と新光電子株式会社(東京都文京区、代表取締役社長 森井 俊秀、以降「新光電子」)は、やわらかさを数値化できるセンサー「SOFTGRAM(R)」(ソフトグラム)の昇降装置として、コンパクトで高精度な小型ロボットアーム「DOBOT Magician(R)」(ドボット マジシャン)を活用した製品の販売で提携いたしました。SOFTGRAMとDOBOTを併せて使用することで、やわらかい素材や食品などのやわらかさを簡単に再現性高く計測することを可能にし、やわらかさの正確な計測を必要とする医療、化粧品、その他検査・品質管理部門をはじめ、さまざまな分野へ新たなソリューションを提供いたします。当製品の詳細は、3月16日(月)~18日(水)に東京ビッグサイト南展示棟全館で開催される医療機器展示会「Medtech Japan」にて初めて展示・紹介し、4月より正式に販売を開始いたします。






小型ロボットアーム「DOBOT Magician(R)」とは

基礎的なロボットアームの学習から4軸制御で発展した制御が可能な卓上サイズの小型ロボットアームです。15万円前後の価格帯ながら、取り換え可能なツールヘッドとして、グリッパー、吸盤キット、ライティング&ドローイング、3Dプリンタ等があり、位置繰返し精度0.2mmの高精度で、正確で繊細な作業が実現できます。また、Webカメラを接続すれば画像処理によるロボットアームの制御学習が可能です。専用ソフトウェアはブロックを並べてプログラミングできるため、初心者でもスムーズにロボットアームの制御を学習、操作できます。事前の安全教育等が不要な本体は、設置や利用場所が限定されにくく、様々なシーンでの活用可能です。(https://afrel.co.jp/product/dobot


やわらかさセンサー「SOFTGRAM(R)」とは



2019年2月1日に新発売された、これまで曖昧だった「やわらかさ」という感覚を簡単に数値化できるセンサーです。従来、はかりに組み込み、長期安定性・丈夫さの点でお客様から好評であった音叉の原理を利用した、新光電子独自のセンシング方式「EVERTONE SENSING」により、肌や筋肉、食品などのやわらかさをいつ、どこでも、誰でもかんたんに正しく数値化することを目指しました。職人技の触感が求められている化粧品や食品、素材などの「やわらかさ」の違いを、誰でもかんたんにヤング率という物理量で見える化できます。「2019年世界発信コンペティション」において、製品・技術(ベンチャー技術)部門 特別賞を受賞いたしました。(https://www.vibra.co.jp/softgram/


Medtech Japan2020の出展情報

3月16日(月)~18日(水)、東京ビッグサイト南ホール全館で開催される医療機器の製造・設計に関するアジア最大級の展示会「Medtec Japan 2020」にて、新光電子は株式会社タナック様のご厚意によって医療用立体モデルコンソーシアムブース内で、小型ロボットアーム「DOBOT Magician」とやわらかさセンサー「SOFTGRAM」を組み合わせたソリューションをご紹介します。(http://www.medtecjapan.com/ja)






正式販売予定

新光電子にて、本製品を4月より正式に販売開始いたします。
商品詳細を知りたい方やデモンストレーションをご覧になりたい方は、下記までお気軽にお問い合わせください。 


【株式会社アフレルについて】 http://afrel.co.jp/
DOBOT Magician(R) 日本正規代理店。明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

【新光電子株式会社について】 https://www.vibra.co.jp/
楽器のチューニングに使われる音叉の振動数を利用した”音叉式力センサ”をはじめとした、独自の技術と発想で計量計測ソリューションをご提供します。電子天びんや個数はかりなどの計量分野、組込用計量ユニットなどの計測分野、メジャーボーイなどの物流計測分野、そして計測をサポートする計測管理分野など、さまざまな計量計測分野において、より正確なデータを安定的に取得したいというお客様のニーズに対し、高精度に徹底的にこだわったセンシング技術と電子技術でおこたえします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会