美容・健康 その他

ラフール、Avenir社と組織の生産性向上・社員のパフォーマンス最大化の秘訣をテーマにセミナーを開催、ゲストにプロ経営者原田泳幸氏が登壇

株式会社ラフール
2020年2月18日(火)、「心理的安全性」と「エンゲージメント」を可視化するツール「ラフールサーベイ」を提供する株式会社ラフール(本社:東京都中央区、代表取締役社長:結城啓太、以下「ラフール」)は、産業医サービスを通じて企業の健康経営をサポートする株式会社Avenirと組織の生産性向上・社員のパフォーマンス最大化の秘訣をテーマに、セミナーを開催します。




人口減少による労働力不足が課題となっている昨今、多くの企業は”働き方改革”への対応が迫られています。実践的に取り組みができ、組織の生産性を高められている企業はごく一部、利益・売上への影響を懸念する企業が多いのが現状です。

本講演では、日本企業が陥りがちな失敗の原因、労働時間を最小限にして生産性を最大限に上げる欧米の手法をグローバル企業経験豊富な原田泳幸氏が徹底解説します。

日本企業が抱える社員の働き方・生産性に関する課題や、これからの時代に成長し続ける為に企業に求められる取り組みなどについて、経営者・産業保健分野のエキスパートがディスカッションを実施。当社代表取締役社長結城がパネルディスカッションに参加。
明日から取り組める実践的な内容をお伝えします。

質疑応答のお時間も用意しておりますので、働き方改革のお取り組みのヒントを持ち帰っていただければと思います。

▼ セミナー詳細はコチラ
https://is.gd/xuGEXH

■こんなお悩みをお持ちの経営者・役員・人事担当の方におすすめ
・部下の仕事の進め方に無駄が多く、売り上げも生産性も上がらない
・自律的に仕事に取り組む能力の高い社員が少ない
・「働き方改革」をしたいが、何から手をつけていいか分からない
・休職者・離職者を減らしたい

■概要
日時:2020年2月18日(火) 15:00~17:00
対象:経営者、役員、人事担当者さま
場所:東京都中央区京橋1-10-7 KPP八重洲ビル 11階ルームK
定員:70名
参加費:無料

■タイムスケジュール
15:00~15:50 生産性を向上させる本当の働き方改革とは?/原田泳幸 氏
16:00~17:00 パネルディスカッション、Q&A

■登壇者
原田 泳幸:株式会社原田泳幸事務所 代表取締役


グローバル企業44年、IT業界33年、外食産業11年、教育・介護事業2年の経験。
アップルコンピュータ―株式会社、日本マクドナルドホールディングス株式会社、株式会社ベネッセホールディングスで20年間社長・会長歴任。
2019年12月に株式会社ゴンチャジャパン代表取締役会長兼社長兼CEOに就任。


三宅 琢:産業医兼株式会社Studio Gift Hands  代表取締役

2014年より東京大学先端科学技術センターに所属し、2014年7月より、株式会社ファーストリテイリングの本部産業医として勤務。
2012年よりGiftHandsの代表となり、2014年、株式会社Studio Gift Handsを設立。
2016年、株式会社Avenir顧問就任。


刀禰 真之介:株式会社メンタルヘルステクノロジーズ・Avenir 代表取締役社長


デロイトトーマツコンサルティング、三菱UFJ証券、環境エネルギー投資などを経て、2011年、株式会社Miewを設立(2018年8月株式会社メンタルヘルステクノロジーズに社名変更)し、代表取締役に就任。
その後、株式会社Miewの100%子会社としてAvenirを発足し、同社の代表取締役就任。


結城 啓太:株式会社ラフール 代表取締役社長

2000年株式会社アイエムエスに入社し、わずか3年で最年少管理職に昇進。
その後、営業支援会社などを経て、2008年株式会社トラストマネージメントの取締役に就任。
2011年株式会社ラフールを設立し、代表取締役社長に就任(2019年2月、「心理的安全性」と「エンゲージメント」を可視化するツール『ラフールサーベイ』を提供開始)


セミナー詳細はコチラ
https://is.gd/xuGEXH


■ ラフールについて
・社名:株式会社ラフール
・本社所在地:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-9-5 日進ビル7階
・設立:2011年11月30日
・代表者:代表取締役社長 結城啓太
・事業内容:メンタルヘルステック事業、スリープテック事業、保育園事業
・URL:http://www.lafool.co.jp


■『ラフールサーベイ』について
企業の健康経営が注目されつつあり、社員の「心理的安全性」と「エンゲージメント」の関係性が重要視されています。ラフールサーベイは、その心理的安全性とエンゲージメントを可視化できるツールです、通常のストレスチェックだけでは見えづらい心の状態が可視化されることで、社員が安心して働ける職場環境をつくり、人材の定着と組織改善に繋げられます。最大の特長は、約3,000社の従業員18万人以上のメンタルヘルスデータから、大学や臨床心理⼠の知見を取り入れた独自の調査項目を従来のストレスチェックに加えることにより、多角的な分析ができる点です。組織エンゲージメント・ハラスメントリスク・離職リスクなども含めた包括的な診断が可能です。
・URL:https://survey.lafool.jp/
・アプリ版対応端末:iPhone/Android
・対応言語:日本語
・サービス地域:日本
・サービス開始日:2019年2月(Web版)、2019年6月(アプリ版)
・価格:ダウンロード無料
・開発・運営:株式会社ラフール
・App Store:https://apps.apple.com/jp/app/lafool/id1342462230
・Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.lafool.lafoolapp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会