美容・健康

コロナ禍で注目が集まるホカンス(ステイケーション)に関する実態調査

ピップ株式会社
ホカンス(ステイケーション)を楽しんだ後は、スリムウォーク(R)で美脚ケア!翌日もスッキリ脚で1日を楽しもう

ピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)の着圧レッグウェアブランド「スリムウォーク」は、18~39歳の女性500名を対象に「ホカンス(ステイケーション)」に関する実態調査を行いました。




調査トピックス


▶『ホカンス(ステイケーション)』を体験したことがある人は約1割と、未体験者が多い結果に。
▶一方で、未体験者のうち約3割は『ホカンス(ステイケーション)』に興味があると回答。
▶『ホカンス(ステイケーション)』の魅力としては、「近場で旅行気分を味わえる」と回答した人が6割以上と最も多い結果に。


『ホカンス(ステイケーション)』未体験者のうち、約3割が興味があると回答



新型コロナウイルス感染拡大の影響で旅行に行きにくい状況が続いていますが、そんな中『ホカンス(ステイケーション)』が新しい休暇の過ごし方として注目を集めています。ホカンスとは、「ホテル」と「バカンス」を組み合わせた造語で、ステイケーションは「ステイ」と「バケーション」を組み合わせた造語です。どちらも「近場のホテルで旅行気分や非日常感を楽しむこと。」を意味し、ホテル内の温泉や豪華な食事などを楽しむことを指します。

ピップが行った調査によると、『ホカンス(ステイケーション)』を体験したことがある人は12%と、まだまだ未体験者が多い結果となりました<図1>。一方で、未体験者のうち32%は興味があると回答<図2>。体験するには至っていないものの、興味を抱いている人は一定数存在していることが判明しました。また、『ホカンス(ステイケーション)』の魅力としては「近場で旅行気分を味わえる」と回答した人が最も多い結果となり<図3>、コロナ禍の今だからこそ、長距離移動をすることなく非日常を楽しめるという点に魅力を感じている人が多いことがうかがえます。




アクティブに1日を楽しんだ後は、着圧ソックスで美脚ケアがおすすめ

『ホカンス(ステイケーション)』は、プールや温泉、豪華な食事など、選択するホテルによって様々な楽しみ方があります。様々な楽しみ方がある『ホカンス(ステイケーション)』ですが、アクティブに1日を楽しんだ人や、豪華な食事を楽しんだ人は、疲れや塩分の取りすぎなどから重ダル脚を感じることも。翌日スッキリ脚で1日を楽しむためにも、旅行中に感じた重ダル脚はその日のうちにケアすることがおすすめです。
重ダル脚のケア方法としては、マッサージや着圧ソックスの使用などがありますが、着圧ソックスははくだけで手軽にフットケアをすることができます。また、小さく畳んで持ち運びができるため荷物がかさばる心配もありません。
翌日スッキリな脚で1日を過ごすためにも、『ホカンス(ステイケーション)』を楽しんだ後は、着圧ソックスで美脚ケアをしてみてはいかがでしょうか?また、普段フットケアをしないという人も、『ホカンス(ステイケーション)』の機会に着圧ソックスで日ごろのお疲れ脚をリセットしてみるのもおすすめです。




着圧ソックス初心者さんにもおすすめ!「スリムウォーク 美脚ロング」



◆スリムウォーク 美脚ロング
―着圧ソックス初心者さんでも使いやすい定番製品
はいて寝るだけで疲れた足裏もキュッとひきしめ!


■医学から生まれた段階圧力設計
足首から上へいくほど圧力が低くなる設計(足首21hPa、ふくらはぎ16hPa、太もも10hPa)で、脚を軽やかにスッキリと美しく整えます。
■足裏アーチサポート設計で土ふまずも足の甲もリフレッシュ!
■幅広くちゴムでズレにくく跡のこりしにくい
■ひざ裏はメッシュ編みでムレにくい
■はきごこちのよいふんわりパイル編み
■消臭繊維使用



製品概要




「SLIMWALK(R)」および「スリムウォーク(R)」はピップ株式会社の登録商標です。

【製品に関するお問い合わせ】
ピップ株式会社お客様相談室
TEL:06-6945-4427
ピップ製品情報ホームページ  https://www.pipjapan.co.jp/products/
スリムウォークブランドサイト  https://www.slimwalk.com/
公式Twitterアカウント  https://twitter.com/slimwalk_pip
公式Instagramアカウント  https://www.instagram.com/slimwalk_pip/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)