ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

GS1-128対応のSPDシステム「JoyPla(R)(ジョイプラ)」に「グループ施設管理機能」を搭載

株式会社パイプドビッツ
~ 複数施設の在庫状況を集約し、本部と現場双方の在庫管理業務を効率化 ~

株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)は、中小規模病院向けクラウド型SPDシステム(※)「JoyPla(R)」のオプション機能として、「グループ施設管理機能」を2022年2月28日より提供開始いたしました。本機能では、複数の施設にまたがる医療材料の在庫状況を一元管理し、病院・介護施設・クリニックなどにおいて、複数施設を運営する事業者の本部と現場双方の在庫管理業務を効率化します。




「JoyPla(R)」は、GS1-128対応のSPDシステムとして、中小規模病院における在庫管理業務の効率化とトレーサビリティ強化による医療の安全性確保を支援しています。一方、医療施設などにおいて、複数施設を運営する事業者にとっては、本部が各施設の状況を把握するために施設ごとの管理画面へログインする必要があり、非効率な状況にありました。また、各施設にとっては、本部への報告業務の負担も大きいため、本部と現場双方の業務負担を軽減したいという声も多く頂戴しておりました。

新機能では、煩雑になりがちな複数施設の在庫状況をクラウド上で一元管理し、在庫管理者の手間や報告業務を軽減することで、本部と現場双方の在庫管理業務を効率化します。



「グループ施設管理機能」導入のメリット


(1)複数施設の管理業務を効率よく
本部は、複数施設の在庫状況や受発注状況を、本部用の管理画面一つでまとめて管理することが可能です。各施設の管理画面を開いて操作する必要がないため、煩雑になりがちな複数施設の管理業務を効率化します。また、本部用の管理画面から各施設の在庫状況や発注履歴などのレポートを出力できるため、各施設の現場担当者のExcelによる集計作業もゼロになります。

(2)より最適な施設運営が可能に
本部が各施設の在庫状況を可視化できることで、理論在庫と実在庫の差異があった場合に過去の実績と照合して原因究明を行うことができ、より最適な施設運営が可能になります。

(3)各施設の業務負担を大幅削減
本部が各施設の状況をリアルタイムで把握できることで、各施設は、本部への報告書の提出が不要となり、業務負担を大幅に削減します。

今後もパイプドビッツは、安全・安心なクラウド型相互共有SPDシステムを追求し、中小規模病院の業務効率化と生産性向上に寄与してまいります。

(※)SPD(Supply Processing and Distribution)システム
病院が使用・消費する物品(医薬品、試薬、滅菌・再生品、文具・日用雑貨、印刷物など)の在庫管理・購買管理・搬送管理・消費管理を一元管理することで、コスト削減や原価管理など病院経営改善および管理業務の効率化を図る「物品・物流管理システム」。



「JoyPla(R)」とは


「JoyPla(R)(ジョイプラ)」は、独自に開発した中小規模病院向けクラウド型SPDシステムです。
病院内における医療材料や物品などの受発注を、GS1-128対応のSPDシステムで一元管理でき、在庫管理者の手間と病院内の不良在庫を軽減します。医療に係る管理業務の効率化および医療材料コストの可視化を図り、地域医療を支える中小病院の経営改善に貢献します。
URL: https://joypla.jp/



株式会社パイプドビッツ 概要


会社名  :株式会社パイプドビッツ
本社所在地:東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
代表者  :代表取締役社長CEO 林 哲也
事業内容 :情報資産プラットフォーム事業、SaaS事業、ソリューション事業
Webサイト:https://www.pi-pe.co.jp/



本件に関するお問い合わせ先


株式会社パイプドビッツ
ホスピタルソリューション部 中島、宮井
TEL:03-5575-6601

※「JoyPla」は株式会社パイプドビッツの登録商標です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)