医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

共立美容外科、早稲田速記医療福祉専門学校と産学連携・協力に関する包括協定を締結

医療法人社団 美人会 共立美容外科
~日本初の美容医療スタッフに特化した産学連携教育を実施~

 医療法人社団美人会(本社所在地:東京都渋谷区、理事長:久次米秋人)が経営管理する共立美容外科(以下「共立美容外科」)は、学校法人川口学園(本部所在地:東京都豊島区、理事長:川口拓也)が運営する早稲田速記医療福祉専門学校と産学連携・協力に関する包括協定を締結しました。



 創立 87 年を迎える早稲田速記医療福祉専門学校では、ここ数年、学生の就職希望先として新たに美容医療分野への志望者が現れてきており、同分野への展開を検討していましたが、この度共立美容外科と本協定を締結し、「現役医師によるカリキュラム」や「シラバス」、「共立美容外科へのインターンシップ」や「講師派遣」等の相互協力による産学連携教育を実現することで、美容医療業界を志望する学生たちが業界で活躍する人材養成を目指していきます。美容医療スタッフに特化した産学連携教育はこれまでに例がなく、個人情報やプライバシー保護の観点から、学生のインターンシップの実施や現場の器具を体験することは大変難しいと言われてきましたが、今回の協定連結により、これらが実現します。

 まずは、文部科学大臣認定の職業実践専門課程である「医療秘書科」の「美容医療コース」として開始しますが、やがては学科として独立することも視野に入れています。医療秘書科の教育の柱は、医学基礎知識、保険診療の軸である診療報酬請求事務に加え、患者様との対人コミュニケーションスキルです。この度の連携により、美容外科、美容医療特有の学びを深め、保険診療、自由診療の双方で活躍する人材の育成が可能となると考えています。

 共立美容外科では、この協定のもと、相互協力を通じて、美容医療業界を志望する学生たちが、業界で活躍する有為な人材に育っていくことを応援します。


■協定締結にあたってのコメント
<医療法人社団美人会 共立美容外科 理事・Brand Director 久次米慧人>
 共立美容グループは1989年の開院以来、33年間患者様の夢を実現するための美容医療を提供してきました。美容医療を通して人々の生活を豊かにしたいと考えている我々にとって、美容医療分野に対しての志望者が多くいらっしゃるということは大変嬉しく思っております。この度の連携を通した共立美容外科のノウハウの提供により、少しでも美容医療業界を志す生徒のサポートとなることを願っております。

<早稲田速記医療福祉専門学校 校長 橋本正樹氏>
本校は今から50 年前に日本初の医療秘書科を開設し、以来、国公立病院や大学病院、専門クリニックをはじめとする多くの医療機関に卒業生を輩出し、日本の医療機関を下支えしてきたと自負しています。ここ数年、学生の就職希望先として新たに美容医療分野に志望する者が出てきました。これまではほぼお付き合いのない、しかしながら今後更なる発展を感じる魅力的な業界でありますが、どのような人材、スキルが必要なのか模索していたところ、このたびの共立美容外科様とご縁ができ、ここに相互協力・連携に関する包括協定を締結させていただく運びとなりましたことに対し、深く感謝を申し上げます。この協定のもと、「カリキュラム」や「シラバス」、「インターンシップ」や「講師派遣」等の相互協力を通じて、美容医療業界を志望する学生たちが、まさに産学連携教育を実現し、業界で活躍する有為な人材に育っていってほしいと念じています。

■共立美容外科について
 共立美容グループは1989年の開院以来、33年の歴史を持ち、全国に26院を展開している美容クリニックです。「クオリティの高い、患者様の立場に立った最新の美容医療を提供する」を開院以来の信念に掲げ、現在もその姿勢を貫いております。

 美容外科や美容⽪膚科、審美⻭科など、幅広い診療科目に対応したトータルプロフェッショナルクリニックとして、患者さまの夢の実現に向け、全スタッフが常に最高のクオリティで対応させていただいております。
 美容医療にとどまらず、感性やファッション、ライフスタイルに関わる全ての美容産業における持続的なイノベーションの形成に貢献することを目指しています。

URL:https://www.kyoritsu-biyo.com/

■早稲田速記医療福祉専門学校について
 学校法人川口学園 早稲田速記医療福祉専門学校は、「不偏不羈(ふへんふき―かたよらず・とらわれず)」を建学の精神として 1935 年に開学し、伝統校として洗練されたカリキュラムや経験豊富な教員など、「教育力のSOKKI」を誇ります。姉妹校として埼玉女子短期大学を設置しています。 

 1972 年に日本初の「医療秘書科」を開設して以来、多くの医療機関に卒業生を送り出してきました。現在では「医療秘書科」に加え、医療機関の事務職養成として「医療事務IT科」、「診療情報管理科」、「医療事務科」の4学科に拡大したほか、登録販売者を取得しドラッグストア、調剤薬局をめざす「くすり・調剤事務科」、また国家資格である介護福祉士をめざす「介護福祉科」と看護師をめざす「看護科」の2学科を加えた合計7学科を設置する医療福祉分野の専門学校です。

URL:https://www.wasedasokki.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)