広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

グラフェン量子ドット(GQD)市場ー形態別(液体および粉末);アプリケーション別;およびエンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2022-2030年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「グラフェン量子ドット(GQD)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2022年2月 16日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10352356


世界のグラフェン量子ドット(GQD)市場は、2022-2030年の予測期間中に22.93%のCAGRで成長することにより、2030年末までに15673.2千米ドルの収益を獲得すると推定されています。さらに、2020年には、市場は2058.0千米ドルの収益を生み出しました。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/graphene-quantum-dots-gqds-market/10352356

市場の成長は、健康への支出の増加とバイオイメージング技術の発展の進展により、医学の分野で進歩の高まりに起因する可能性があります。世界銀行の統計によると、一人当たりの現在の医療費は、2010年の914.21米ドル(現在の米ドル)から2018年の1110.268米ドルに増加しました。

グラフェン量子ドット(GQD)は、生理学的安定性、高い負荷容量、強力なフォトルミネッセンス、生体適合性、製造の容易さなどの独自の機能により、主に生物医学的用途に使用されるナノマテリアルの一種です。これらのナノ材料は、癌、心血管疾患、神経変性疾患、自己免疫疾患などの慢性疾患を検出するためのバイオイメージング剤としても使用されます。GQDは、生物学的マトリックス中の関連するバイオマーカー、病原体、毒素、および医薬品の超低濃度を検出するのにも役立ちます。

グラフェン量子ドット(GQD)市場におけるキープレイヤー

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。グラフェン量子ドット(GQD)市場における業界のリーダーはMerck KGaA, NANOCHEMAZONE, Sisco Research Laboratories Pvt. Ltd., American Elements, ACS Material, LLC, Graphene Square Inc., Strem Chemicals, Inc., Dotz Nano Limited, Green Science Alliance Co., Ltd.などです。

レポートの主なハイライト


市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

グラフェン量子ドット(GQD)市場のセグメンテーション

グラフェン量子ドット(GQD)市場は、形態別(液体および粉末);アプリケーション別(バイオイメージング、癌治療、温度センシング、ドラッグデリバリー、LEDライターコンバーターなど);およびエンドユーザー別(消費者、商業、ヘルスケア、防衛、その他)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

グラフェン量子ドット(GQD)市場に関するレポートは、地理に基づいて、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東・アフリカの5つの主要地域にさらに分割されています。

世界のグラフェン量子ドット(GQD)市場の成長は、さまざまなタイプのディスプレイパネルに対する世界的な需要の高まりにより、オプトエレクトロニクスの分野でのGQDのアプリケーションの成長にも起因する可能性があります。高解像度ディスプレイパネルの出現により、高輝度および高色強度のLEDに対するニーズが高まっています。さらに、GQDは、OLEDと比較して、ディスプレイパネルの製造プロセス中に簡単に統合することもできます。したがって、このような要因は、今後数年間で市場の成長を推進すると予想されます。

アジア太平洋地域の市場は、2020年の750.4千米ドルから、2030年末までに6284.6千米ドルの最大の収益を獲得すると予想されています。この地域の市場の成長は、主に、世界最大のディスプレイパネルの製造業者および輸出業者である中国などの国の存在に起因する可能性があります。国際貿易センター(ITC)の統計によると、LCDまたはLEDで作られたインジケーターパネルの輸出額は、2011年の700489千米ドルから2019年の1010201千米ドルに増加しました。

さらに、市場は地域別によってさらに細分化されています。


アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10352356

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)