医療・医薬・福祉

【スマートゲート】聴診音によるAI診断プログラム(精度向上の為の聴診音データの共有プログラムを開発)

SmartGate
聴診音によるAI診断プログラムの開発に際し、品質の良い聴診音データを収集する仕組みを開発した。

背景として、聴診音から様々な疾病を診断できるが、医師の専門分野も細分化され、スキルの蓄積も難しい状況にあるが、聴診音から疾病を診断するツールがあれば、患者自身が、慢性疾患の方は状態が把握でき、予防医療へも適用できる。 現在、聴診音によるAI診断プログラムは、95-98%の正解率は既存データから達成できるが、公開される聴診音データの品質が良いとは言えない。例えば、聴診音にラベリングされる病名が間違っているものもあるが、ノイズが多い、また、収録する聴診器の違いにより音質が異なるなど聴診音の品質が悪いものも多い。 品質悪い聴診音データが混ざっていることにより、結果として、AI診断プログラムの診断精度が上がらない原因になっている。 この為、課題を共有できる医療機関・医師の皆様により、聴診音を共有いただけるプログラムを開発した。



株式会社スマートゲート(代表取締役:花谷 行雄)は、オンライン診療システム(スマートキュア)にAI診断プログラムの精度向上の為、聴診音データを共有できるプログラムを開発した。
世界から、日本の聴診音によるAI診断プログラムの遅れを取り戻す。
地域包括ケア・システム、多職種連携システム、遠隔診療システムへ、将来、聴診音によるAI診断プログラムを機能追加することにより、日本の医療の効率化、予防医療を加速させる。
ご協力いただける医療機関様への聴診音データの共有プログラム・機材の提供方法等については、お問い合わせ頂いた医療機関様へ個別に対応させて頂く。
ご協力いただける医療機関様のご連絡をお待ちしております。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)