デジタル製品・家電 医療・医薬・福祉

3月3日は「耳の日」、実家のテレビの音が大きくなってきたら要注意、認知症へと進行させない、家族や自分でできる聞こえのチェックリスト公開

メガネの田中
全国に約100店舗を展開するメガネの田中チェーン株式会社(本社:広島市 代表取締役:デミアン・ホール 以下メガネの田中)と、メガネの田中グループで補聴関連事業を展開する聞こえの田中株式会社(本社:広島市 代表取締役:渡邉 知孝 以下聞こえの田中)は、3月3日の耳の日を前に、自宅でできる聞こえのチェックリストを公開いたします。



うつや認知症に進行させないために見守りたい、家族の加齢性難聴

補聴器の取り扱いがあるメガネの田中・聞こえの田中の店頭では「大きな声を出さないと聞こえにくいようなので、家族の聞こえをチェックしてほしい。」と、お客様からご依頼をいただくことがあります。聞こえの変化は徐々に進行するためご本人は気が付きにくく、ご家族が認識されるケースが多いのが現状です。また、聞こえづらさを放置することで、うつや認知症を発症するリスクがあります。※1 そこで、メガネの田中・聞こえの田中では、自宅で確認できるチェックリストを作成・公開します。※1 アルツハイマー病国際会議より


自宅でできる簡単きこえチェック



家族で聞こえチェックリスト
自分で聞こえチェックリスト


加齢性難聴の進行と補聴器


加齢性難聴は3~40代に徐々に現れはじめ、年齢と共に進行していきます。また、加齢性難聴は放置すると進行が早くなることがあるので、早期から補聴器を使用し言葉を聞き分ける能力を最大化することが大切と言われています。



耳の日とは


3月3日は、日本では1956年に一般社団法人日本耳鼻咽頭科学会の提案により制定された耳の日です。
また、WHOでも、3の文字の形が耳の形に似ていることから、2007年に「インターナショナルイヤーケアデイ」と決め(2016年には「ワールドヒアリングデイ」へ変更)毎年聞こえに関するメッセージを発表しています。
2022年のテーマは、“To hear for life, listen with care”と発表されています。
※出典https://www.who.int/campaigns/world-hearing-day/2022


補聴器もサブスクで気軽に使える、「聞こえの定額ケア」

メガネの田中・聞こえの田中では、高額だといわれる補聴器を、初回金と月額定額料金で3年間利用できるサブスクリプションサービス「聞こえの定額ケア」を提供しており、お客様満足度は90%以上と高くご満足いただいているサービスです。
 「聞こえの定額ケア」は製品のご利用・補聴器の調整だけでなく、対話の中から感じ取れるお客様の気持ちや環境を補聴器での聞こえに反映する独自のプログラムを行っております。このような取り組みがお客様のご満足につながっていると考えます。※契約者アンケートよりn965 2021年4月~9月まで
https://www.tanaka-megane.co.jp/hearingaids/

メガネの田中について

メガネの田中は、1913年に広島で創業し、今では全国に約100店舗を展開しているアイウェア、補聴器、コンタクトレンズの販売チェーンです。お客様の生活・人生をカラフルに変え、楽しく、ワクワク感じてもらう為に、「見える驚き、見られる喜び」をご提供することを使命とし、また「お買い物」そのものを楽しんでいただけるような店舗デザインや、一人ひとりのお客様に合わせたサービスをご提供しています。
※メガネの田中では補聴器の取扱いがない店舗もあります。
https://www.tanaka-megane.co.jp/

聞こえの田中について

メガネの田中グループは、1913年に広島で創業し、全国に展開しているアイウェア、補聴器、コンタクトレンズの販売チェーンです。聞こえの田中は、聞こえケア(補聴関連)専門企業として、岡山県倉敷市、兵庫県芦屋市、広島市中区2店舗の計4店舗を展開しています。聞こえの田中は「聞こえる驚き、話せる喜び」の提供を通じて、お客様に生活・人生を明るく、楽しく、ワクワク感じてもらうことを使命としています。そのために聞こえのスペシャリストが、お一人おひとりのお客様に寄り添うカウンセリング、その方の生活にあった最適な補聴器選びや、きめの細かいフォローアップをしています。
https://www.tanaka-megane.co.jp/hearingaids/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)