ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

関西みらいフィナンシャルグループの法人顧客向けにクラウド型健康管理サービス「first call」の提供を開始

メドピア株式会社
安全配慮義務※の対応を目的とした50名未満の事業場向け「安全配慮義務プラン」を新設

メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽)の連結子会社である株式会社Mediplat(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽、以下当社)は、関西みらいフィナンシャルグループの株式会社関西みらい銀行(大阪市中央区、代表取締役社長 菅 哲哉)と 株式会社みなと銀行(神戸市中央区、代表取締役社長 武市 寿一)(以下関西みらいフィナンシャルグループ)の法人顧客に対し、クラウド型健康管理サービス「first call(https://service.firstcall.md/service/about)」の提供を開始いたします。今回は、first callの既存プランに加え、産業医選任義務のない小規模事業所でも履行する必要がある、安全配慮義務への対応を主な目的とした新たなプラン「安全配慮義務プラン」も50名未満の事業場を対象に提供いたします。


※安全配慮義務:従業員の人数に関係なく、企業が従業員に対して安全で健康に働けるよう配慮する義務のこと。労働契約法第5条で「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。」と定められている。



「first call」は、「オンライン産業医面談」、「健診管理サービス」、「オンライン医療相談」、「ストレスチェック」、など、企業の産業保健業務をサポートするオンラインサービスを提供しております。従業員のメンタルヘルス対策や健康管理をワンストップでサポートすると同時に、オンライン化と管理システムにより企業経営者や人事労務担当者の業務負担を軽減しております。また、国内企業のうち過半数を占める50名未満の事業場においても、「first call」のサービスを手軽にご利用いただけるよう、従来のサービス内容を小規模法人向けに適正な機能に限定した「ヘルスケアプラン」を提供してまいりました。企業による非正社員に対する健康配慮や大手企業による産業保健業務の見直しニーズが高まる中、契約件数は940件(2021年12月末時点)を超え、さらに拡大し続けております。

昨今、新型コロナウイルス感染拡大の長期化などにより、企業において従業員が健康で安心して働ける環境づくり(産業保健)への取り組みがますます重要視される中、より多くの企業の産業保健を効果的にサポートするため、この度、関西みらいフィナンシャルグループの法人顧客向けに「first call」の提供を開始することとなりました。
さらに、健診結果のデータ化・管理から就業判定の実施などが可能な「健診管理」システムの利用も含む「安全配慮義務プラン」を関西みらいフィナンシャルグループの顧客のうち50名未満の事業場向けに新設いたしました。当プランでは、産業保健業務をデジタルで遂行できることに加え、従業員が安全・健康に働くための安全配慮義務にも対応することが可能です。

今後も、当社は人事労務担当者の産業保健業務の効率化を図る機能・サービスを拡充するとともに、規模に関わらず多くの企業の健康経営に向けた産業保健の取り組みをより強力にサポートしてまいります。

「first call」の主なサービス内容



1.オンライン医療相談・産業医相談
日常生活における自身と家族の体調の不安や悩みについて、チャットとテレビ電話でいつでもどこからでも医師に相談いただけるサービスです。一般内科や小児科、産婦人科、精神科など全12科目での相談(匿名)に専門医が実名で回答します。尚、医療相談は、従業員専用アプリもしくはWEB版のいずれでもご利用いただけます。
また、経営者や人事担当者が、「first call」に登録されている経験豊富な産業医に、自社での健康対策等についてチャット形式で相談することも可能です。

2.産業医訪問・オンライン産業医面談
産業医の定期訪問やオンラインでの面談など、産業医業務を受託するサービスです。産業医面談をテレビ電話でも実施可能とすることで、国内外の支社の従業員など、面談調整が困難であった従業員とも早期に面談が設定できることに加えて、日程調整など人事の業務負担も軽減します。

3.ストレスチェック
WEBで簡単に従業員のストレスチェックや、部門やチームなど職場毎のストレス状況を可視化するサービスです。受検一斉案内から受検状況の確認までをシステム上で一括して実施でき、1年に何度でも人数制限なしに無料でご利用いただけます。「産業医訪問・オンライン面談」と合わせて導入することで、ストレスチェック後の産業医面談までをオンライン上で一元管理しながら実施することが可能となります。

4.健診管理サービス
健診機関ごとにフォーマットが異なる健診結果をデータ化し、オンライン上で一元管理することができます。健診の予約から受診実績管理や産業医との健診データの授受などもオンライン上で可能とするなど、段階的に機能の拡充を図ってまいります。

<「first call」に関するお問い合わせ>
お申込みのご希望や、ご不明な点などがございましたら、以下からお問い合わせください。
contact@mediplat.jp

【メドピア株式会社の概要】
会社名: メドピア株式会社
所在地: 東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア9階
設 立: 2004年12月
代表者: 代表取締役社長 CEO 石見 陽(医師・医学博士)
事業内容: 医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の運営、その他関連事業
URL: https://medpeer.co.jp

【株式会社Mediplatの概要】
会社名:株式会社Mediplat(メドピア株式会社子会社)
所在地:東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア9階
設 立:2015年11月
代表者:代表取締役社長 CEO 石見 陽(医師・医学博士)
事業内容:クラウド型健康管理サービス「first call」の運営、ライフログプラットフォーム事業
URL:https://service.firstcall.md/service/about
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)