流通 美容・健康

ニッセンは、フェムテック商品100点以上を掲載したオンライン売場をオープンしました。ー 身も心も心地よい私で生きる。自分らしいくらしを見つけよう! ー

株式会社ニッセンホールディングス
特集ページ  https://www.nissen.co.jp/s/beauty/BH22SP109/

株式会社ニッセン(本社:京都市南区、代表取締役社長:羽渕 淳)は、毎年3月8日に世界各国で展開される『国際女性デー』にあわせて、女性の健康課題を解決する「Femtech(以下、フェムテック)商品」を集合した特集ページを、「ニッセンオンライン」(https://www.nissen.co.jp/)にオープンしました。



ニッセンビューティ&ヘルス部門では、女性の悩みに寄り添い、誰もが自分らしく健康的な毎日を過ごせるような商品・サービスのご提供を心掛けており、女性のライフステージにおける健康課題を解決するフェムテック商品を数多く取り扱ってきました。

月経(生理)や産後の不調、更年期など、女性特有の体の悩みは多岐に渡り、人には言いづらく一人で抱え込んでしまうことも。自分に合ったフェムテック商品を使ってみることで、体の悩みを軽くできる可能性があります。より多くの方にそのことを知っていただくために、このたび特集ページをオープンしました。


フェムテックと6つの分野

フェムテック(Femtech)とは、Female(女性)とTechnology(技術)をかけ合わせた造語であり、女性の健康課題をテクノロジーで解決へと導く製品やサービスを指します。

比較的新しい概念であり、フェムテックとして確立された定義は存在していないものの、女性のライフステージに沿ったからだのお悩みや健康課題に応じて、一般的には以下6つのジャンルに分類されています。ニッセンの「フェムテック特集ページ」では、100種類以上の商品を、この6つのジャンルに沿って紹介しています。




国際女性デー

1904年、ニューヨークで婦人参政権を求めたデモが起源となり、国連によって1975年に3月8日を「国際女性デー」として世界に対して女性の権利に対する呼びかけを始め、1977年に毎年3月8日を公式に国際女性デーと制定しました。


information

<ニッセン美容・健康 総合ページ>
https://www.nissen.co.jp/s/beauty/

<45歳からのオトナが輝くインナー「マディア」販売ページ>
https://www.nissen.co.jp/s/inner/IN20WI103/

<乳房の手術された方へ、安心をケアするインナー「ハートエール」販売ページ>
https://www.nissen.co.jp/s/inner/IN20FA103nu/

▼プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d1066-20220301-cb9438557d3ec5fca3359c855cd0a350.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)