その他 医療・医薬・福祉

Ubie、千葉県御宿町とデジタル化による持続可能な地域医療体制づくりの支援に関する包括協定を締結

Ubie株式会社
医師が患者の症状を来院前に把握できる「ユビーリンク」を活用し、町民約7,000人を支えるスムーズな診療体制の確立へ

Ubie株式会社(本社:東京都中央区、共同代表取締役:阿部吉倫・久保恒太、以下「Ubie」)は、千葉県夷隅郡御宿町(町長:石田義廣、以下「御宿町」)と地域医療のデジタル化に係る包括協定を締結しました。本協定は、持続可能な地域医療体制の支援を目的とするもので、御宿町において医師が患者さんの症状を来院前に把握できる「ユビーリンク」を活用した取り組みを3月1日より開始いたします。



背景
御宿町に病院施設はなく、3軒の一般診療所が住民約7,000人の健康を支えています。かかりつけ医として様々な症状で訪れる住民の健康を支える各診療所の負担は小さくなく、コロナ禍では、診療所が常に安定して患者さんを受け入れる体制を保ち続ける重要性が一層浮き彫りとなりました。地域の限られた医療資源を効率的かつ持続的に活用するには、業務の効率化が必要不可欠です。このような背景から御宿町は、医療機関への業務効率化を支援するサービスを提供するUbieと連携し、診療所のデジタル化を通じた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策および持続可能な地域医療体制を構築する取り組みを開始します。

コロナ禍を機に、持続可能な医療体制づくりは全国的に急務になっています。多くの患者さんを受け入れながらも親身に寄り添う新しい診療スタイルを実現させる本取り組みは、御宿町と同様の課題を持つ全国の地域医療の参考になると考えています。Ubieは今回の取り組みを皮切りに、今後全国の地方自治体と連携し、デジタルを活用した持続可能な地域医療体制の構築に貢献してまいります。

■取り組みの主な内容
本協定では、多くの御宿町民のかかりつけ医となっている医療法人社団輝真会 青葉クリニック(院長:恩田宏一郎、以下「青葉クリニック」)において、Ubieが提供する「ユビーリンク」を用いた、効率的な受診・診療を目指す取り組みを行います。

「ユビーリンク」は、医療機関が患者さんの来院前に症状に関する回答を把握することにより、業務効率化と患者さんのスムーズな受け入れを支援するサービスです。青葉クリニックを受診する患者さんが来院前にスマートフォンやPCから、生活者向けサービス「ユビーAI受診相談(https://ubie.app/)」で症状に関する20問程度の質問に答えると、その回答結果を青葉クリニックへ事前共有できるようになります。これにより、青葉クリニックは症状に関する詳細な情報をあらかじめ取得できるようになり、業務効率化と来院患者さん一人ひとりへの一層親身な診療の実現が期待できます。今回の取り組みでは、Ubieが青葉クリニックでのデジタル導入~活用までを全面支援します。御宿町は町のホームページ(https://www.town.onjuku.chiba.jp/)に「ユビーAI受診相談」のリンクを設置するなど、町民への周知とサービスの活用を積極的に促します。また、両者にて本取り組みの効果検証を実施します。

■御宿町 石田 義廣 町長 コメント
御宿町では、住民はもとより移住者が役割や生きがいを持ち、これまで以上に健康で活動的な生活ができる地域づくりを進めるとともに、雇用創出や人口減少抑制に寄与する生涯活躍のまちを推進しています。
本協定での、デジタルを活用したスムーズな診療による持続可能な地域医療の実現は、御宿町が目指す生涯活躍のまちにとって大きな役割を果たすものと考えています。御宿町では今後も様々な分野でのデジタルツールをはじめとする新たな取り組みを推進し、町民がいきいき暮らせる町を目指してまいります。

■青葉クリニック 恩田 宏一郎 院長 コメント
当クリニックは町の中心部に位置し、年間を通じ幅広い年齢層の多くの患者様がご来院されます。コロナ禍では、多くの方のかかりつけ医となっている当クリニックが、御宿町の健康を守っていることを改めて実感しました。Ubieの提供するユビーリンクにより、より盤石な受け入れ態勢の構築と寄り添う診療の両立を目指せることを期待しています。

■Ubie株式会社 共同代表取締役 医師 阿部 吉倫 コメント
本協定を締結でき、大変光栄に感じております。デジタル化で貴重な医療リソースを最大化する今回の取り組みは、地域医療における新たなモデルケースの1つになると確信しています。当社では今後も地域・医療現場と生活者の皆様をテクノロジーで支えられるよう尽力してまいります。

【生活者向け「ユビーAI受診相談」について】
「ユビ―AI受診相談」は生活者の適切な医療へのかかり方をサポートするWeb医療情報提供サービスです。いつでもどこでも気になる症状から、関連する病名と適切な受診先を調べることができます。かかりつけ医等地域の医療機関や、#7119等の救急車対応、厚生労働省等の公的な電話相談窓口への適切な受診行動を支援します。 2022年1月時点で、月間450万人以上の方々に利用いただいています。
日本版URL:https://ubie.app/
シンガポール版URL:https://sg.ubie.app

▼日本版QRコード

【Ubie株式会社について】
「テクノロジーで人々を適切な医療に案内する」をミッションに掲げ、医師とエンジニアが2017年5月に創業したヘルステックスタートアップです。AIをコア技術とし、症状から適切な医療へと案内する「ユビーAI受診相談」と、医療現場の業務効率化を図る「ユビーAI問診」を開発・提供。誰もが自分にあった医療にアクセスできる社会づくりを進めています。
所在地 :〒103-0022  東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル6階
設 立 :2017年5月
代表者 :共同代表取締役 医師 阿部 吉倫・共同代表取締役 エンジニア 久保 恒太
URL :https://ubie.life
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)