企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

【3/31まで】AI診療支援「今日の問診票」の無償提供、延長決定

株式会社プレシジョン
患者のスマートフォンから来院前の事前問診が可能、感染リスク軽減へ

株式会社プレシジョン(本社:東京都文京区、代表:佐藤 寿彦〈医師、AI研究者〉、以下「プレシジョン」)は、新型コロナウイルス第6波の感染拡大および医療提供体制の逼迫にともなう社会的な要請の高まりを受け、2022年1月28日(金)より、院内の感染防止や混雑緩和に役立つAI診療支援「今日の問診票」をクリニック・診療所向けに無償提供しており、2022年2月28日(月)での終了を予定していましたが、多くの医療機関からお申込みをいただいたことで本事業の社会貢献性を再認識し、2022年3月31日(木)まで期間を延長します。「今日の問診票」は、混雑緩和に役立つ受診前問診と、コロナスクリーニングに役立つ受診前コロナスクリーニングをふくみ、新型コロナウイルス感染症の予防に有効です。


■実施の背景
新型コロナウイルス オミクロン株の急速な感染拡大により、発熱外来に患者が殺到するなど、医療体制の崩壊がおきかねないギリギリの状況が続いています。また、本来適切に治療を受けるべき患者が院内感染を避けるために検査・受診控えをすることで、疾患の進行を長期間見逃してしまうという事例も発生しています。
このような状況を受けて、医療崩壊抑止と全国のクリニック・診療所の診療支援ならびに医療従事者・患者双方の感染リスクを軽減するためのご支援ができればという思いから、弊社サービスである「今日の問診票」を1月28日(金)より無償提供を開始しました。

■事前問診の活用方法

来院前の活用
ウェブサイトに事前問診へのリンクを設置し、患者は自宅からスマホ等で入力。


【受付前の活用】
来院後、受付前に駐車場等でQRコードを渡し、患者はスマホ等で入力。



■無償提供の概要
【提供期間】お申込みから1年間

【提供の対象】2022年3月31日(木)までにお申込みいただいた全国のクリニック・診療所
※すでにご契約中の医療機関様は対象外となります。

詳細は、下記よりお問い合わせください。
<導入相談窓口>
https://www.premedi.co.jp/konnichi-no-monshinhyo/contact/


■AI診療支援システム「今日の問診票」について
同サービスは、医学情報データベース「Current Decision Support(CDS)」を組み合わせた、国内初の本格的なAI診療支援システムです。

1)CDSは著名医師2,000名の協力の元、制作・更新
3,000疾患700病状の所見、全処方薬情報を掲載している次世代診療マニュアルとして全国で活用されています。

2)高齢者でも入力可能なUI(ユーザーインターフェース)
様々なテストを行い、分かりやすくて入力しやすい入力画面に設計しています。

3)大学病院の60%以上が導入済
全国300以上の病院・医療機関で導入されている実績があります。


製品サイト:https://www.premedi.co.jp/konnichi-no-monshinhyo/


■プレシジョン 会社概要
企業名 :株式会社プレシジョン
代表者名:佐藤 寿彦(東京女子医科大 総合診療科 医師兼任/AI研究者)
所在地 :東京都文京区本郷4-2-5 MAビル7F
URL  :http://premedi.co.jp/
設立  :2016年11月
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)