美容・健康 ホテル・レジャー

#女性の健康が世界を変える『国際女性デー』月間に連動したSNSキャンペーンをスタート

一般財団法人 渋谷区観光協会
渋谷区から日本国内、世界に「女性のウェルネス思考」を発信し、ココロとカラダの健康を啓発します





「女性の健康が世界を変える」をスローガンに、女性が日々直面する女性特有の健康課題への認知を拡大し、解決のための行動を促進するプロジェクト「Women's Wellness Action from Shibuya 」が発足しました。
このたび第1弾のアクションとして、『国際女性デー』月間にココロとカラダの健康を啓発するSNSキャンペーンを実施します。さらに、「ホワイトリボンラン@代々木公園」、「渋谷・表参道 Women’s Run」等と連携して、参加者にロゴステッカーの配布や、ロゴ入りチャリティエコバッグ"SHIBUKURO''の販売など、女性の健康やウェルビーイングのための活動に賛同を集め、個人の意識や気づきを喚起していくことで、社会全体に健康意識を高める月間を創出します。

今後も渋谷区らしい先進的で楽しいアクティビティを通して、渋谷から日本国内、世界に「女性のウェルネス思考」を発信し、ココロとカラダの健康を啓発する活動を行っていきます。ぜひご注目ください。
Women's Wellness Action from Shibuya URL:https://womens-wellness-action.com/

■「国際女性デー月間」SNSキャンペーン概要
SNSキャンペーンを通じ、女性の「ウェルネス」思考を刺激し、社会全体に健康意識を高める月間を創出
期間:2022年3月1日(火)~31日(木)
実施内容:
1. 女性の健康やウェルビーイングのための活動に賛同を表明するSNSキャンペーンを実施。
#女性の健康が世界を変える、#シブヤ国際女性デー を付けて「My Wellness=あなたが実践しているココロとカラダに良い行動」をポストし、活動への賛同を表明してもらう。

2. 賛同を示すロゴを開発し、活動の認知拡大をする。
●ロゴ付きエコバッグ ''「Women's Wellness Action」チャリティエコバッグSHIBUKURO'' 制作。
販売価格(税込)2,200円(内1,000円はジョイセフに寄付されます。)

販売先:SHIBUKUROオンラインストア https://shibukuro.stores.jp/
(3月1日発売)

●ロゴステッカーの配布
配布先(予定):
3月6日(日) ホワイトリボンラン@代々木公園の参加者に配布
3月20日(日) 渋谷・表参道 Women’s Runの参加者に配布
ほか

主催:Women's Wellness Action 実行委員会
協力:公益財団法人ジョイセフ、ホワイトリボンラン、渋谷・表参道 Women’s Run、JDSF BREAKING B-Girl SUMMIT、LIFE TUNING DAYS 他
後援:渋谷区(申請中)、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会

■ご協賛のご案内
「女性の健康が世界を変える」をスローガンに活動するWomen’s Wellness Actionの「国際女性デー月間」の活動に賛同していただくパートナーを募集します。
協賛金: 1口 100,000円 ~ ( 何口でも可 )
協賛メリット :
● 告知物に企業ロゴ掲出(大きさは横並び、順不同となります。)
● 特設ホームページに企業ロゴ掲出
● 意識啓発を目的に制作するロゴステッカー30枚及び、SHIBUKUROエコバック1枚をお届けします。社内での普及拡散にお役立てください。
● ジョイセフによる従業員向け女性の健康セミナーへの参加

※協賛社様へのお願い
御社オウンドソーシャルメディアでのメンションにご協力をお願いします。
#女性の健康が世界を変える、#シブヤ国際女性デーを付けて「My Wellness=あなたが実践しているココロとカラダに良い行動」をポストし、活動への賛同を表明する。
※3月のSNSキャンペーンは、あくまでも女性及び社会全体にエンパワーメントする企画であり、企業サンプリング等は予定しておりません。

お申込み・お問い合わせ info@womens-wellness-action.com/

【Women’s Wellness Action from Shibuya について】
2021年11月に渋谷区で開催されたSOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYAでのプログラム 「Z世代のココロとカラダの性を考える」での議論を経て、女性が日々直面する女性特有の健康課題への認知を拡大し、解決のための行動を促進することを目的に2022年に設立されました。
若い女性の集まる情報発信地である渋谷区を中心に、国際協力NGOジョイセフ(JOICFP)や活動に賛同する企業・個人と連携しながら、特にSRHRのテーマに関する情報発信・啓発活動や問題解決のためのサービス・プロダクト開発を通して、望まぬ妊娠や婦人科系疾患、性に関する人権侵害から女性を守ることを目的に活動していきます。

<Women’s Wellness Action コンセプト>
#女性の健康が世界を変える
今を生きているすべての女性が、
自分のココロとカラダに向き合える。
それは、社会が優しくなる一歩になると
私たちは、信じています。
毎日をもっと、ここちよく。
世界をもっと、あたたかく。
一人一人のアクションが、
明日の笑顔につながるように。
さぁ、ここ渋谷から、動き出そう。

<活動指針>
1.渋谷区から日本国内、世界に「女性のウェルネス思考」を発信し、心と身体の健康を啓発する。
2.フェムテックなど、女性の健康やウェルビーイングのための、新しい視点や技術を広く周知する。
3.渋谷区らしい先進的で楽しいアクティビティを通して賛同を集め、支援の輪を広げる。

<Women’s Wellness Action実行委員会メンバー>
実行委員長 長田新子(一般社団法人渋谷未来デザイン)
実行委員長 森田由紀(渋谷区議会議員)
副実行委員長 小池ひろよ(一般財団法人渋谷区観光協会)
実行委員 小野美智代(公益財団法人ジョイセフ)
実行委員 廣瀬礼子(公益財団法人ジョイセフ)
実行委員 田中雅之(KARADA内科クリニック院長)
実行委員 伊藤たけし(渋谷・表参道 Women’s Runレースディレクター)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)