医療・医薬・福祉 住宅・建築・建設

サービス付き高齢者向け住宅「ココファンシリーズ」 広島県初出店! 学研の高齢者住宅「ココファン廿日市」オープン

株式会社 学研ホールディングス
廿日市市との官民連携で、地域医療拠点の複合施設を整備

株式会社学研ホールディングス(本社:東京都品川区/代表取締役社長 宮原 博昭)のグループ会社で、高齢者支援事業を行っている株式会社学研ココファン(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼COO:森 猛/以下、当社)は、2022年3月1日にサービス付き高齢者向け住宅「ココファン廿日市」(以下、当住宅)をオープンしました。 当住宅は広島県初出店となります。


建物外観



「廿日市市地域医療拠点等整備事業」の一環で整備した複合施設

当住宅は、廿日市市が進める廿日市市地域医療拠点等整備事業の一環で整備したサービス付き高齢者向け住宅です。建物内には、サービス付き高齢者向け住宅を始め、認可保育園、学習塾、デイサービス、医療モール、コンビニエンスストア、保険薬局が併設されています。
この複合施設は、廿日市市の機関が入った公共施設棟(2022年4月1日供用開始)と当住宅が入った民間施設棟が一体となっており、地域医療拠点の複合施設として、多世代の地域住民の安心な暮らしをサポートします。
建物構成


【廿日市市地域医療拠点等整備事業とは】
廿日市市が、「医療・保健・福祉の相互連携を図り、地域医療拠点のサービス向上や良好な居住市街地の形成」を目的として推進している事業です。
当社を代表構成員とする7社のコンソーシアムが、廿日市市に整備・運営事業者として選定されました。


「ココファン廿日市」の特徴

安心のある暮らし
・元気な自立高齢者から介護が必要な高齢者まで、ライフスタイルに合わせた幅広い居室タイプ。
・24時間ケアスタッフが常駐。安否確認や緊急時対応など、安心の体制。
サ高住共用食堂

つながりのある暮らし
・建物内に保育園や学習塾を併設。子どもや子育て世帯との自然な交流を創出。
・3Fに自由に使用できる学びの場を設置。多様な図書を揃えたライブラリーも利用できる。
学びの場

今後も当社は社会課題解決に寄与する開発、入居者への安心・安全なサービス提供、また地域交流の拠点としての活動などを通し、入居者、また地域住民の「ゆたかな暮らし」サポートに取り組んでまいります。

■住宅概要
● 所在地 〒738-0042 広島県廿日市市地御前一丁目3番28号
● 交通 広島電鉄「JA広島病院前」駅より徒歩2分
● 総戸数 71戸(1人用46戸/2人用25戸)
● 共用部 食堂・多目的トイレ・相談室・ラウンジ・洗濯室・
個浴室・脱衣室・介護浴室
● 居室設備 トイレ・洗面台・クローゼット・エアコン・照明・スプリンクラー・緊急通報装置・リズムセンサー(一部)・ミニキッチン(一部)・浴室(一部)・室内洗濯機置場(一部)
● 敷地面積 4,528.59平方メートル
● 延床面積 7,012.53平方メートル
● 居室面積 18.00平方メートル ~ 54.90平方メートル
● 構造 鉄骨造 地上9階建て
● 併設施設 特定施設入居者生活介護・通所介護(予定)
● 開業日 2022年3月1日

「ココファン廿日市」 料金
● 敷金 家賃の2ヶ月分
● 月額合計 118,600円~227,200円(税込)
【内訳】
● 賃料 68,000円~185,000円
● 共益費 9,800~32,400円
※戸別メーター住戸あり
● 生活支援サービス費 28,600円~32,400円
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)