食品・飲料 美容・健康

豆菓子・ナッツブランドミツヤ ファンケルの発芽米を使用した健康にも美容にもうれしいギルトフリーな「ぽりぽり発芽玄米おから大豆」3月8日より全国発売

株式会社ミツヤ
「ひとつぶに、驚きを。」をスローガンに豆・ナッツの製造販売を行う株式会社ミツヤ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:原田 耕次、以下ミツヤ)は、ファンケルの発芽米を使用した健康にも美容にもうれしい『ぽりぽり発芽玄米おから大豆』を2022年3月8日(火)より全国で発売いたします。





コロナ禍における生活の変化により在宅ワークやおうち時間が増え、朝・昼・晩の食事以外の間食が増え1日4食以上の「ちょこちょこ食べ」をする人が増えています。これにより「間食してしまった罪悪感」と間食が食事化し「食事をしなかった罪悪感」と罪悪感が増している傾向も見られます。
このような中、ミツヤではおいしくかつ健康的でカラダにうれしい豆菓子の開発に取り組んでまいりました。

■カラダにうれしい3つの素材
今回発売する『ぽりぽり発芽玄米おから大豆』は、3つの素材からなるカラダにうれしい豊富な栄養を含んだうす塩味の豆菓子です。
発芽を最適な条件で停止させ、GABAと甘みが増加した「ファンケル発芽米」と食物繊維が豊富な「おからパウダー」を生地に練りこみ、鉄分が豊富な「大豆」を包み込んでいます。

1)ファンケル発芽米
本商品の素材である「発芽米」は、栄養豊富な玄米を発芽させることで栄養価を高めたお米のことです。その中でも今回使用しているファンケルの「発芽米」は、発芽を最適条件で停止することでGABAと甘味成分が増加しているのが特徴です。GABAは毎日忙しくて考えることが多い方、抱え込みがちな方におすすめの成分です。

2)おからパウダー
「おからパウダー」は日本人に不足していると言われる「食物繊維」が豊富です。日本人の食物繊維摂取量は減少傾向にあり、男性21g以上、女性18g以上(18~64歳)という摂取目標に対し、平均摂取量は1日あたり14g前後と約4~7gが不足していると言われています。本商品は1袋で4.95gの食物繊維を摂取することができます。

3)大豆
ベースの素材「大豆」は、栄養成分が凝縮されており、植物の中では唯一肉に匹敵するだけのタンパク質を含有するという特徴から、近年では「ミラクルフード」とも世界的に注目されています。「大豆」にはイソフラボンやレシチン、サポニン、ペプチド、オリゴ糖などが含まれており、免疫向上や美容効果が期待できると言われています。

これらの素材の良さを十分に引き出すことで、美容にも健康にもこだわりながら、間食にも食事にもなるカラダにうれしい商品となっています。

<株式会社ファンケルからのメッセージ>
当社は世の中の「不」を解消するために、化粧品と健康食品を展開しています。この度、株式会社ミツヤ様の「コロナ禍でも健康的な食生活を提供したい」という考え方に共感し、発芽米を使用した商品開発に至りました。本商品を通じて、皆さまのおうち時間などが少しでも健康的で豊かな時間になれば幸いです。

今後もミツヤは、豆菓子やナッツの開発、製造販売を通じて、「ひらめきの種をまき、驚きの実を創る」という思いを大切に、人々のココロとカラダを豊かにする「ひとつぶ」をお届けしてまいります。

■商品概要
商品名:ぽりぽり発芽玄米おから大豆(うす塩味)
素材:大豆、発芽玄米、おからパウダー
内容量:50g
参考価格:173円(税込)
発売日:3月8日(火)
販売エリア:全国コンビニエンスストア、スーパーで順次販売


【株式会社ミツヤ】
1948年の創業以来一貫して豆・ナッツの製造販売を行う食品メーカーです。全国6か所の自社工場ではイカリ豆」「きなこくるみ」や「マヌカハニーナッツ」などNBおよびPB商品を共同開発・製造をしています。価値観やライフスタイルの多様化が進む中、短期化するニーズの変化に対応していく志を「ひとつぶに、驚きを。」というスローガンに込めて、多様な角度から挑戦と進化を重ね「豆・ナッツ」が持つ素材本来の素晴らしさと、歴史が培った確かな技術を融合し、これまで誰も経験したことがないような「驚き」をお届けしています。

社名   :株式会社ミツヤ
本社   :福岡県福岡市南区柏原4丁目30-12
代表者  :代表取締役 原田 耕次
設立年月日:昭和38年9月
資本金  :3,000万円
事業内容 :豆菓子 ナッツ類製造・販売 製菓原料製造・販売
URL   :https://www.mitsuya-web.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)