医療・医薬・福祉

株式会社T-ICUが人道支援としてウクライナ赤十字社へ寄付を致しました

T-ICU
遠隔ICUサポートサービスを展開する株式会社T-ICU(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長/医師:中西 智之、以下「当社」)は、現在ロシアから軍事侵攻を受けているウクライナへの人道支援として、5,000ユーロをUkrainian Red Cross Society(ウクライナ赤十字社)へ寄付致しました。


 


 当社は2016年に創業し、「世界中の人々に、最高の医療を Anywhere, we care. 」をミッションに、遠隔ICUサポートサービスを手がけてきました。
集中治療科医・集中ケア認定看護師のチームを擁し、医療機関向けに専門性の高いサポートを提供する日本で唯一の事業会社です。

 当社では、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に対して強い遺憾の念を表明するとともに、「世界中の人々に、最高の医療を Anywhere, we care.」の実現を目指す医療サービスを提供する会社として、また平和な世界を望む一個人の集合体として、この度、戦地で傷病者の救助活動を続けているウクライナ赤十字社に、T-ICUから約3,000ユーロ、それに当社社員及び当社関係者の方々からの約2,000ユーロを合わせて、合計5,000ユーロを寄付致しました。

寄付実施者:T-ICU Co.,Ltd.

寄付先団体:Ukrainian Red Cross Society(ウクライナ赤十字社)
      https://redcross.org.ua/en/

寄付金額:5,000EUR


【この度の寄付について】
T-ICU代表取締役社長 / 医師 中西 智之

 平和の象徴でもあるスポーツの祭典が閉幕し、間もなくして始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、この21世紀において考えられないほどショッキングなニュースでした。私も医師として一個人として非常に衝撃を受けると同時に、ウクライナの人々のために何かしたいと強く思いました。T-ICUのミッションは「世界中の人々に、最高の医療を Anywhere, we care.」です。私は今までこのミッションに関して「最高レベルである日本の医療を世界に届ける」や「T-ICUも最新の医療を追求していかないといけない」といった考えを持っていました。
 しかし、今のウクライナの人々にとって「最高の医療」は、そういった事ではないと気付きました。環境が変われば、「最高の医療」も変わるのだと。そして、必ずしもT-ICUが直接提供するだけが手段ではないとも思い、今回は現地の人々それぞれにおいての「最高の医療」が受けられるために、我々ができることの一つとして、できる限りの金額で寄付をすることに致しました。
 我が社は2016年に創業したまだ若い会社です。まだ十分な利益も出ておらず、“寄付をするのにはまだ早い会社”かもしれません。それでも我々が、苦難に見舞われている人々に対し、手を差しのべることを控える理由はどこにもありません。
 我々は今後も、様々な活動を通じて「世界中の人々に、最高の医療を」届けていきます。

【株式会社T-ICU】
事業内容:集中治療支援・医療情報提供サービス・医療コンサルティング等
代表取締役社長/医師:中西 智之
所在地:〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通3丁目2-5 IN東洋ビル605
URL: https://www.t-icu.co.jp/

代表経歴:2001年 京都府立医科大学 医学部 卒業
     2003年 熊本赤十字病院 心臓血管外科
     2007年 大和市立病院 麻酔科
     2009年 武蔵野赤十字病院 救急救命センター
     2013年 守口生野記念病院 救急科
     2019年 聖マリアンナ医科大学 非常勤講師(救急医学)
     2019年 東京女子医科大学 非常勤講師
     2021年 東京医科歯科大学 客員准教授
     2021年 Marine city medical college&Hospital 国際客員准教授
     集中治療専門医・救急科専門医・麻酔科専門医 等
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)