美容・健康 医療・医薬・福祉

累計2億円を調達を完了、マウスピース歯科矯正「hanaravi」を提供する医療テックスタートアップのDRIPS

株式会社DRIPS
人生100年時代に注目される"予防医療"を歯科矯正からアプローチ。

マウスピース歯科矯正サービス「hanaravi(ハナラビ)」をはじめ、医療テック事業を展開する株式会社DRIPS(本社:東京都千代田区、代表取締役・医師:各務康貴)は、ニッセイ・キャピタル株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:安達哲哉)、株式会社ニフコ(所在地:神奈川県横須賀市、代表取締役社長:柴尾雅春)等を対象に第三者割当増資を実施し、約1億2000万円の追加資金調達を行うことで累計2億円の資金調達を完了したことをお知らせいたします。 サービス:https://www.hanaravi.jp/






資金調達の目的「360度安心・安全なマウスピース矯正の提供」

患者様が歯科矯正を踏みとどまる理由の1つに「失敗しないかの不安」があります。
歯科矯正は日本でも盛り上がりを見せており多様なサービスが生まれていますが、DRIPSは医療を提供する上で根幹となる「安心・安全」を追求すべく、今回の資金調達を実施いたしました。DRIPS創業の柱である「(歯科矯正等をしていたら)気づかぬ間に健康になっていた」という未来像を切り開くべく、"安心・安全な歯科矯正hanaravi"の拡大を通して社会へ予防医療のスタンダード化を推進してまいります。

今回調達した資金は、DRIPSのVisionである「信頼される存在としてエビデンスに基づくサービス提供を行い、ユーザー様へ長期的な利益をもたらす」の達成のため、主に以下の用途に充ててまいります。

1. 自社マウスピース製造技術の発展
「hanaravi」は独自の技術により、提携院での診察・診断、マウスピースの製造、サポートまでワンストップな矯正体験を提供しています。歯や口元に悩みを抱えている皆様により安心して装着いただけるマウスピースを目指し、さらに治療効率や品質を高めます。

2. 専門の歯科医師による協力体制(提携院)の拡大
hanaraviの提携院では、専門性の高い歯科矯正を学んだ歯科医師のみが診断・診断を行っています。医療現場での完璧さを目指すうえで3次元での機械学習にはまだまだ限界があり、最新の技術に経験ある歯科医師のサポートを組み合わせることで安心を提供できます。また矯正開始後の万が一の場合へのリカバリー体制にも不可欠です。弊社はより多くの専門性の高い歯科医師と連携することで、多くの患者様へhanaraviを提供いたします。

3. マウスピース矯正認知拡大に向けてマーケティング・PRの拡充
マウスピース矯正は世界中で急速に一般化してきていますが、まだまだ選択肢としての認知は高くありません。従来の方法もマウスピース矯正もそれぞれのメリットがありますので、より多くの方へ選択肢を提供できますよう認知拡大を進めて参ります。
また、広告ガイドライン等のレギュレーションに沿えるよう、社内管理体制を整備し密な連携を図って参ります。

4. サービスを共に伸ばすメンバーの採用拡大
弊社は、製造、CS、マーケティング、広報、エンジニアリング、医療チームなど幅広い部署でメンバーが活躍しております。上記目標の達成のため、経営、マネージャー、メンバー、インターンなど、それぞれのレイヤーで採用を拡大して、チームの強化、組織の拡充を行って参ります。(記事下部に募集ポジション記載あり)



投資家からのコメント



ニッセイ・キャピタル株式会社:三野 隆博 氏


本ラウンドにおいてもリードインベスターとして投資をさせていただきました。DRIPS社は弊社のアクセラレータプログラム【50M】の卒業生であり、今回のラウンドを通じて株式会社ニフコ様という新たなパートナーを迎え入れることができたことを大変うれしく思います。
近年マウスピース矯正は急速に一般化し、同社はまさにその流れに乗っているわけですが、ぜひその先にある価値も多くの方に届けてほしいと思います。歯周病は、糖尿病や認知症、早産・低体重児出産などとの関連が指摘されており、DRIPS社が専門歯科医師による高品質なサービス提供を通じて未病領域にアプローチし、利用者のみなさまに一生モノの価値を提供してくれることを期待しています。




株式会社ニフコ:杉山 直宏 氏

ニフコは、「小さな気づきと技術をつなぎ、心地よい生活と持続可能な社会を創造する」というパーパスを実現することを目指しております。このたび、「安心・安全な歯科矯正の拡大を通して予防医療をスタンダード化する」 というDRIPSの志に共感し、投資いたしました。
 今後、ニフコの持つ様々な技術とDRIPSがつながり、両社協業の可能性が拡がることを期待しています。


アンバサダー:西村 創一朗 氏

アンバサダーとして、昨年からhanaraviを利用しています。
マウスピース矯正を始めても生活に負担が小さく、人前でお話することも多い仕事ですが喋りや見た目にも影響が少ないと感じています。痛みや仕事へのハードルが低いけれど、着実に歯が動いて矯正効果が得られる。
そんなhanaraviが、今後も着実な結果を出して多くの方々の歯並びや健康に寄与してくれると願っています



「hanaravi」を運営するDRIPS創業の背景



株式会社DRIPS:各務 康貴 (CEO 医師)

DRIPS(hanaravi運営)の起業前は医師として医療に従事しており、口腔内の環境が悪いため肺炎や糖尿病等により亡くなる方を多く見てきました。「もっと若い時期から予防ができたら」と願い、解決方法を模索してきましたが、予防のために若く健康な時期からお金や時間を使う人は少数派です。

この経験から、マウスピース歯科矯正を提供することで「いつの間にか健康になっていた」といったように将来の病の予防に寄与する、現在の形になりました。将来的には、歯に限らず全身の予防の領域に取り組み、日本や世界の人々の健康寿命に貢献してまいります。


▼各務プロフィールはこちら
https://drips2019.notion.site/DRIPS-CEO-aa7047308a474683a08a5513ea6cfccc


BS朝日『Fresh Faces ~アタラシイヒト~』でご紹介いただきました



歯科矯正"hanaravi"の事業内容やDRIPSが目指す未来像をご紹介いただきました。

番組概要
さまざまな分野で、第一線を走るフレッシュな人々を紹介。
常識を疑い、現状に安住せず、アタラシイ価値観を創造する人、時代をワクワクさせ、
気持ちを高めてくれるようなアタラシイ考え方を発信する人をピックアップ。


将来DRIPSで一緒に働く仲間へ / 採用情報



DRIPSでは、日本のヘルスケア事業を一緒に革新していくメンバーを募集しています。
現在の主力事業である歯科矯正hanaraviをはじめとしたヘルスケア事業は、将来の健康リスクの予防につながる行動変容を、ポジティブに促すことができる数少ない領域です。「"健康な時から将来の病気リスクを予防する"という考え方や行動がイケてる」という社会を作るためには、製造、CS、マーケティング、広報、エンジニアリングと、他のサービスにはない幅広い領域と連携する必要があります。

さらに"口"は多くの臓器とつながっており、かつマウスピースの装着や治療など物理的に影響を及ぼせる臓器とも言えます。患者様と一緒に目に見える口元の変化を体験し、喜びや自信に繋げていく仕事です。

将来的には口を入り口として全身の予防領域へアプローチを広げていきます。
DRIPSで職種の壁を超え、患者様をはじめとした社会の長期的な健康を支えていきましょう。

DRIPSと繋がる窓口はこちら。※現在、転職等を考えていない方も歓迎です。
▼採用問い合わせページ
https://recruit.hanaravi.jp/

▼YOUTRUST(キャリアSNS)
https://youtrust.jp/companies/drips

ポジション
■COO候補、CMO候補
■プロダクトマネージャー
■マーケティング・PR
■デザイナー
■エンジニア
■ライター
■医療系(歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士)
■学生インターン
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)