広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

トランスクリプトミクス市場、2021年から2031年にかけて20.11%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「トランスクリプトミクスの世界市場 (2021-2031年):製品・用途・技術・エンドユーザー・地域別」(BIS Research Inc.)の販売を3月1日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/bis1032783-transcriptomics-market-global-regional-analysis.html




市場の概要および動向
トランスクリプトミクス市場の成長は、シーケンスコストの低下、トランスクリプトミクスにおける次世代シーケンサーやRNAシーケンサーの適用が世界的に増加していること、そして製品の進歩によってもたらされると予想されています。しかし、次世代シーケンサーやRNAシーケンサーのプラットフォームのコストや維持費が高いことや、計算機分析のためのツールがないことなど、市場の成長を妨げる大きな課題があります。トランスクリプトミクスのアプローチは、複雑なバルク組織のメカニズムを解読し、異質な細胞集団を深く理解することができました。RNAやタンパク質などの分子を単一の細胞レベルで解析することで、RNAの転写やタンパク質の翻訳に関連する制御メカニズムを解明することができます。

トランスクリプトミクス市場は安定した市場の一つであり、2021年から2031年までの予測期間中、世界市場は20.11%のCAGRで成長すると予測されています。

トランスクリプトミクス市場は、巨大な成長の可能性を秘めた新興市場です。近年の技術の進歩により、急速なペースで導入が進んでいます。トランスクリプトミクスは、遺伝子発現解析やタンパク質発現解析とともに、不均一な混合物から特定の表現型を持つ単一の細胞を分離する機能を提供します。様々な分子や異なる細胞からのデータを統合して細胞間の分化を研究するというトランスクリプトミクス技術のユニークな特徴により、トランスクリプトームレベルで見えるメカニズムの研究が可能になります。

市場の競争状況
この市場の成長は、シーケンスコストの低下、次世代シーケンスやRNAシーケンスのトランスクリプトミクスへの応用が世界的に増加していること、新製品の発売が進んでいることなどが要因になると予想されています。また、in-situ hybridizationなどの他の技術の成長は、遺伝性疾患の診断や予後における分子病理学の関与を理解するための臨床研究が増加していることに起因していると考えられます。地域別では、北米が最大のシェアを占めています。これは、同地域における医療インフラの整備、国民一人当たりの所得の増加、償還政策の改善などによるものです。しかし、2021年から2031年の予測期間においては、アジア太平洋地域が最も速いCAGRで成長すると予想されています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/bis1032783-transcriptomics-market-global-regional-analysis.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)