スポーツ・アウトドア 美容・健康

酷使した足にグイッと!履くだけの簡単ケアなのに足の筋肉の疲れをリセットするフットギア『グイット(good-it)』本日、3月2日21時よりMakuakeにて予約販売開始

砂山靴下株式会社
履きながら伸ばす・押す・ほぐすを同時に行い足の筋肉の疲れをリセット。明日のパフォーマンスの為に、スポーツや日常生活で酷使した足をケアします。

美容と健康に着目している靴下製造業の砂山靴下株式会社(本社:東京都葛飾区・代表取締役社長:砂山 直樹)は、3月2日(水)より、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、足の筋肉の疲れリセットギア『グイット(good-it)』を先行販売致します。運動や日常生活で足を酷使する人の明日のパフォーマンスのために、早稲田大学スポーツ科学学術院 荒木邦子先生監修のもと足の筋肉の疲れリセットギア・『グイット(good-it)』を企画しました。 Makuakeプロジェクトページ: https://www.makuake.com/project/good-it/





たくさん足を使ったなぁ、という日に

・ハイヒールやビジネスシューズで一日中歩き回った日



・立ちっぱなしの仕事の日


・買い物や旅行の日




どのようなシーンでも土台である「足」が全体重を支えています




足は全身の体重を支える重要な役目を担っています。たくさん歩いたり立ったりした後の足は筋肉がこわばり、そのまま放置すると明日のパフォーマンスに影響が出ることも…。
だからこそ足をたくさん使った後は足の筋肉の疲れをしっかりケアすることが重要です。
今日のパフォーマンスよりも明日のパフォーマンスを充実させたい。そんな想いで開発されたリセットギア
それが『グイット(good-it)』です。

たくさん足を使ったあとには、足の筋肉の疲れを『グイット(good-it)』でリセット。










スポーツで酷使した足の筋肉の疲れも『グイット(good-it)』でリセット

足をたくさん使うシーンと言えばスポーツが挙げられます。
ゴルフやウォーキング、トレッキング、サッカーなどもたくさん足を使います。
そんなスポーツで酷使した足の筋肉の疲れをリセット!それが『グイット(good-it)』です。




常に酷使される足。それでもランナーは今日も走り続ける。

特に足を酷使するスポーツの一つに陸上の長距離競技があります。
走る時に足にかかる衝撃は歩く時よりも大きいと言われています。


長距離ランナーともなると月の走行距離が1,000kmを超える選手もいるいわれれており、その足の酷使は想像を絶するものです。



足を酷使するランナーたちは練習後にアイシング、ストレッチなどのケアをしています。
練習後に後に身体の末端である酷使した足をケアすることは明日のより良いパフォーマンスにつながると考えられます。






足をケアする方法やアイテムはたくさんありますが、砂山靴下では特に『足を酷使するアスリートのための専用リセットギアアイテム』に注目しました。早稲田大学スポーツ科学学術院・荒木邦子先生監修のもと、サンプルを作っては修正しを繰り返し、約2年の歳月を経て足の筋肉の疲れリセットギア『グイット(good-it)』を企画しました。




ランナーやトップアスリートも気持ち良さを実感




私たちの足に『グイット(good-it)』を!

足を酷使する、ランナーをはじめとしたアスリートのための専用リセットギアアイテムに注目したのには理由があります。
トップアスリートであればあるほど、明日のパフォーマンスのために練習後のケアを大切にしているからです。
特にランナーの立って走るという行為は全てのスポーツや日常生活の動きに通じていると考えられると思います。
ランナーやアスリートでなくても、私たちは日常生活の中で足を酷使しています。
私たちは『グイット(good-it)』を足を酷使し、ケアを必要とする全ての方にお届けしたいと思っております。


■会社概要
会 社 名:砂山靴下株式会社
本社所在地:〒124-0022 東京都葛飾区奥戸6-27-5
会社設立 :1963年6月17日
資 本 金:4000万円
代 表 者:代表取締役 砂山直樹
HP:https://www.sunayama-socks.com
Twitter:https://twitter.com/sunayamasocks
Instagram:https://www.instagram.com/sunayamasocks/
Facebook:https://www.facebook.com/sunayamasocks
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)