広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

自動インスリンデリバリーシステム市場、2021年~2028年に年率9.7%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動インスリンデリバリーシステムの世界市場(2021年~2028年)」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月1日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1058836-global-automated-insulin-delivery-systems-market.html




自動インスリンデリバリーシステム市場は、予測期間の2021年~2028年に年率9.7%で成長すると予測されています。

自動インスリンデリバリーシステムは、主に1型糖尿病患者がインスリン投与を自動的に調整することで血糖値のコントロールを可能にする自動化(または半自動化)されたシステムです。

市場動向
次世代型自動血糖測定器の進化が市場の成長を牽引すると期待されています。
1型糖尿病の青少年が食事時(ボーラス)インスリンを摂取しない場合でも、全く新しい自動インスリン投与(AID)アルゴリズムであるRocketAPは、食後により多くの時間を範囲内に留めるのに役立つことが、研究により明らかになりました。RocketAPはControl-IQと似ていますが、予定外の食事を検知してボーラスインスリンを高速に投与し、その後の高血糖(高血糖)を最小限に抑えることができるユニークなシステム機能を有しています。さらに、タンデム社のインスリンポンプとデックスコム社のG6 CGMを使用した研究が行われ、完全な閉ループアルゴリズムへの第一歩を示す可能性があるとのことです。このことが予測期間中に市場を牽引すると予想されます。

市場成長の阻害要因
ねじれたり意図せず破れたりする輸液セット、ポンプの誤作動、電池切れ、輸液部位の癒着懸念などが、インスリンポンプの主な問題点です。また、診療報酬に関する予算の圧迫もあります。ポンプ、CGMセンサー、AIDシステムはどれも高価で、保険に加入していなければ使用する余裕がありません。DIYシステムでさえ、顧客はソフトウェア開発ライセンスの年会費と、ポンプとアルゴリズムをリンクさせるために必要なハードウェアの初期価格を支払う必要があります。輸液ポンプによる皮膚感染やアレルギー反応のリスクもあります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058836-global-automated-insulin-delivery-systems-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)