医療・医薬・福祉 暮らし

障がい者による障がい者のためのウェブプラットホーム『あいである広場』を2月15日ローンチ!

株式会社アニスピホールディングス
アニスピホールディングス、新子会社「株式会社 アイデアル」設立

保護犬・猫と暮らす障がい者グループホームを展開する株式会社アニスピホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤田英明、以下「当社」)は、2020年1月24日付けで新子会社となる「株式会社アイデアル」(以下「アイデアル」)を設立しましたのでお知らせします。 株式会社アイデアルは、“社会的マイノリティの人たちが生きやすい世の中をつくることを目的とした情報発信・交流サイト「あいである広場」”を2月15日にオープンします。




マイノリティの対話を加速する企業、アイデアル
これまでタブーだった、社会的マイノリティの議論をもっと自由に!もっと便利に!”

アイデアルは、代表取締役も他の取締役も障がい当事者で構成されている「当事者による当事者のための会社」です。ポータルサイト「あいである広場」での情報発信・イベントや当事者会の開催による当事者同士のネットワーク構築・放課後デイサービスなど子供達が元気になれる居場所作り・企業人事担当者向け「障がい者の特性を活かした人事プランの管理職講習」など、社会的マイノリティ支援や青少年の健全育成に関わるさまざまな事業を展開いたします。様々な活動を通して、障がい者でも健常者を共に社会に広く貢献し、「福祉はボランティアで」「福祉は尊い」といった社会的なイメージを変えていきます。「アイデアル」という社名には、 “理想ある(アイデアル)”、“愛である”、“アイデアある”、“出会いある”、 “私(I)である”といったメッセージが込められています。


“社会的マイノリティの人たちが生きやすい世の中をつくることを目的とした情報発信・交流サイト「あいである広場」とは

自社運営メディア「あいである広場」は、社会的マイノリティの人たちが生きやすい世の中をつくることを目的とした情報発信・交流サイトです。社会的マイノリティ(障がい者、ひきこもり、性的マイノリティ、少数民族など)に関する議論これまでタブーとされていた部分が多く、一部の専門家が出版する書籍などで読むことはできても、さまざまな当事者の生の声や暮らしの中での工夫をインターネット上で情報収集することは難しい現状です。
「あいである広場」では、取材記事を中心とした、臨場感あるコンテンツ発信によって、マイノリティのために役立つ生の情報をお届けします。
「あいである広場」サイトURL: https://ai-deal.jp/


株式会社アイデアル 会社概要
会社名:アイデアル (AI-deal Co.Ltd.)
所在地:東京都千代田区九段南2-4-4 三和九段ビル5階8階
代表者:飯野由布
U R L:https://corp.ai-deal.jp/

〈株式会社アニスピホールディングスについて
株式会社アニスピホールディングスは 2016年に設立、障がい者グループホーム「わおん」事業、100%動物看護師によるペットシッターサービス「ケアペッツ」事業、その他ペット用品の企画・開発・販売事業を展開しています。「人間福祉と動物福祉の追求」を企業理念とし、社会問題を事業で解決する「ISSUE DRIVEN COMPANY(イシュードリブンカンパニー)」として、「障がい者グループホームの不足」、「空き家問題」、「ペット殺処分問題」の解決に全社一丸となって取り組んでいます。

〈会社概要〉
会社名:株式会社アニスピホールディングス
所在地:東京都千代田区九段南2-4-4 三和九段ビル5階
代表者:藤田 英明
U R L: https://anispi.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会