流通 美容・健康

Revieve(R) が業界初のデジタルヘアケア サービスを提供

Revieve.Oy
~AIヘアケア アドバイザーを通じて個々の消費者に合わせたヘアケアを実現~


シカゴ&ヘルシンキ(2022年3月3日) -- AIビューティプラットフォームを提供するRevieve Oy.(所在地:フィンランドヘルシンキ、CEO&Co-Founder:Sampo Parkkinen、以下「Revieve」)は、ユニリーバ社のヘアケアブランド、LivingProofとの共同開発により新しいSaaSプラットフォームである「AIヘアケアアドバイザー」を本日発表しました。RevieveのAIヘアケアアドバイザーは、特許取得済みのモバイルセルフィー診断技術、ビューティー及びヘアケアに特化したAIパーソナライゼーションエンジンを活用することで、お客様が自分の髪を深く理解し、それに応じたヘアケアをオンラインで支援するシステムです。主なサービスステップとしては以下のようになっています。
1. 消費者は現在のヘアケアの状況、悩みや期待などをシステムに入力します。
2. 次に、Revieveが持つ特許取得済のセルフィ診断で、髪質、ボリューム、カールタイプ、カラーなど、さまざまな髪のパラメーターの状態を判断します。
3.最後に、AIレコメンデーションエンジンにより、消費者に応じた最適なヘアケアとスタイリング方法を提供していきます。
Revieveは今後同サービスをヘアケアブランド企業やリテール企業向けに提供していくことで消費者のパーソナルなヘアケア体験の実現を目指します。



LivingPoof デジタル責任者John Winerのコメント
「サイエンス・ファーストを標榜するブランドとして、Revieve社と提携しより科学的な毛髪の分析、ヘアケアのアドバイスをオンライン上で提供してまいります。その方に応じたより良い製品と体験を通じて人々の生活を変えるというミッションを目指し、Revieveの技術を最大限に活用していくことを楽しみにしています。」

Revieve プロダクト開発責任者 Joonas Hamunenのコメント
「これほど多くの新製品、新技術、情報があるにもかかわらず、消費者は自分の髪に満足しておらず、自分に最適なヘアケアを見つけることに苦労しています。当社のAIヘアケアアドバイザーを通じて、ブランド企業や小売業者は、消費者が自分の髪質や状態についてより深く知り、より多くの情報に基づいた購買意思決定を行い、最適なルーチンを見つけることできるようサポートすることが可能となります。」

LivingProofの新しいオンラインヘアケア体験は、2022年3月~4月にかけて開始される予定です。

<Revieveについて>
Revieveは、自社開発した最先端のAI/ARテクノロジーを活用し、パーソナライズ・エクスペリエンスを提供するテクノロジー企業です。ブランド企業や小売業者をパートナーとして、独自のテクノロジーである「Revieve Health-Beauty-Wellness Platform」を通じて、スキンケア、コスメティックブランドのブランド体験を変革しています。
また、AIサンケア・アドバイザー、AIニュートリション・アドバイザーなど、健康・美容・ウェルネス業界のあらゆる側面を網羅した、信頼性の高いモジュールを開発し実装することをミッションとしています。Revieveは、資生堂EMEA&US、Ulta Beauty、A.S.Watson、No7を始めとする、健康、美容、ウェルネスにおけるトップブランド企業に対して世界中でサービス展開しています。

■Revieve 会社概要
会社名:Revieve Oy
代表者:Sampo Parkkinen
所在地:フィンランド Köydenpunojankatu 2 a D, 00180 Helsinki
コーポレートサイトURL:https://www.revieve.jp/

■本プレスリリースへのお問い合わせ
HP:https://www.revieve.jp/contact
TEL:03-4400-9612
日本カントリーマネージャー森
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)