アパレル・ファッション 美容・健康

【大山式】異例の“大抜擢” 中学3年生・アリアナさくらがミラノコレクションATSUSHI NAKASHIMAのランウェイへ。

株式会社イースマイル
Z世代モデル「アリアナさくら」は、喜びで「言葉になんかならない」。

口コミからシリーズ累計販売個数500万個を突破した「大山式」シリーズ製品の株式会社イースマイル(https://ohyamashiki.com 本社:東京都世田谷区、代表取締役:仲村淳)がイタリアのミラノ・コレクション(Milan fashion week)で、日本人デザイナーATSUSHI NAKASHIMAの4度目のスポンサーシップを行う。継続的にスポンサーシップを行っているのは【大山式】のみ。 そのランウェイに女性ファッション誌『ViVi』(講談社)専属モデルで2004年生まれの中学3年生・アリアナさくら(15)が登場する。




同社の担当者は「次世代のヒーロー・ヒロインを応援したい!という社内の声で、先日、弊社で全中のフィギュアスケートのスポンサーシップを行いました。ミラコレのモデルという枠でも、若い世代を応援しようという提案が出ました」と話した。


【大山式】日本の若者が世界で輝いてほしい

今回のアリアナさくらの大抜擢について、担当者は「お会いしたとき、等身大で話してくれるとても素敵な女の子でした」とアリアナさくらさんの印象を語った。


ミラコレでは、デザイナーのオーディションに単身でのぞむ10代のモデルたちも多い。そのなかで、東洋人は数少ないという。


「アリアナさんのように日本の若者も世界を舞台にどんどん輝いてほしい。同年代のあこがれの存在でありながらも、普通の日本の女の子の感覚をもったアリアナさんが世界の舞台で挑戦できるきかっけになれてうれしい。」と期待する。

同社は、今月のはじめに、令和元年度全国中学校体育大会 第40回全国中学校スケート大会(主催・日本中学校体育連盟、日本スケート連盟、長野市教育委員会)の看板掲示のスポンサーシップを行った。この数年、大山式はSNS上で賛否両論あった看板掲示だったが、若手育成に関してはシンプルなデザインで一貫している。

喜びで「言葉になんかならない」と語るアリアナさくら

女性ファッション誌『ViVi』(講談社)専属モデルとして、2004年生まれの日米ハーフの中学3年生・アリアナさくら(15)として1月23日発売の3月号から誌面を飾った。

編集部からも応援メッセージが寄せられた。

「専属モデルに続いて、大きなチャンスを手に入れたさくらちゃん。持って生まれた可能性が、これを機にさらに大きくなって、活躍してくれることを期待してます」。


昨年は横浜アリーナ(神奈川)で開催された『マイナビ presents 第28回 東京ガールズコレクション 2019 SPRING/SUMMER』で「奇跡の14歳、鮮烈デビュー。170cm圧巻スタイルで異次元のオーラ」と評された。

今回、同社のオウンドメディア(https://jiyugaoka-smile.com/)の取材での第一声は「言葉になんかならない」だった。

「中身は普通の中学生なので、あぁ、どうしよう!といろいろ考えました。今は絶対に失敗できないと思っています」。

所属する事務所のプラチナムプロダクションでは「演技のレッスンも始めたばかり」とのこと。

「同年代に影響を与えたい」と語る15歳は、可能性の宝庫だ。


ATSUSHI NAKASHIMAの古くて新しい挑戦「PLAY BACK」

今回のミラノコレクションのATSUSHI NAKASHIMAのテーマは「PLAY BACK」。インビテーションのデザインも、日本人ならどこか懐かしい新旧の世界観でまとめられている。

現在、ATSUSHI NAKASHIMAでは、ミラノコレクションに向けて急ピッチで準備をしている。

5年目となる今回のコレクションでは「過去の記憶にある、名品を復活させる」という言葉通り、ブランドの成熟度を観客は堪能できるにちがいない。


「デジタルネイティブZ世代」と切り拓くステージ

Z世代は、インターネットでSNSが表現の場となっている「デジタルネイティブ」。多様性を認め、臆せず「自分らしさ」を発信する世代とも言える。特徴として「質」や「ストーリー」に大切にするなど、本来のブランド力を見極める力が強い。サスティナブルも大きな要素のひとつだ。

そして、Z世代という生粋のデジタルネイティブを中心にアナログブームが巻き起こっているのも興味深い現象だ。

ATSUSHI NAKASHIMAは2009年 ジャンポールゴルチェ やジルサンダーなどでディレクターとして歴任し、2015年 ミラノ・コレクション公式スケジュールにてコレクションを発表。以来、素材へのこだわりは群を抜いている。

今月4日に開幕したミラノの素材見本市「ミラノ・ウニカ(MILANO UNICA)」でも、サステナビリティに加えて創造性の重要だと声高に主張する時代になってきた。

そのATSUSHI NAKASHIMAが創り出す「PLAY BACK」という日本の価値を掘り起こすような独特の空間に、アリアナさくらが現代日本の躍動を表現する。

「言葉になんかならない」と話した彼女は、ショーのフィナーレにこの経験をどう表現するのだろうか。

かつて一斉を風靡した名品をモチーフにした世界観が、今回、新しい感性とミラノで出会う。


「大山式とは?」
日本の技術は、世界中の女性の「美」「健康」「プロポーション」へ寄与する。



大山式とは全身を支えている足裏からアプローチできる姿勢補正具として大阪大学名誉教授・大山良徳先生監修のもと、研究を重ね開発された足指パッドです。

浮き指とは、立ったときに足の指か浮いている状態で、重心がかかとに偏る状態。

多くは、本来は重心がかかるべきの足の指にはかからないため、疲れや不必要な筋肉の発達と脂肪の蓄積により下半身太りを起こすと言われています。



大山式をつけると「自然と足指が動いて浮き指が改善される」「姿勢が良くなる」「自然に脚がまっすぐキレイになる」と、ごく一部のモデルから世界へ広まりました。

リピーターも多く、累計販売個数500万個が販売されています。日本の技術は、世界中の女性の美と健康、プロポショーンへ寄与すると支持をされています。



ミラノ・コレクションとは?

初めて開催されたのが1976年という古い歴史を誇るファッションショー。

イタリアのミラノでメンズ向けレディース向けに、夏と冬の2回行われています。

コレクションはデザイナー達の作品を発表する晴れの舞台であるとともに、ビジネスを展開する場でもあります。

そのため世界各地のバイヤーやジャーナリスト、カメラマンなどを招待して開催されます。


ATSUSHI NAKASHIMA
デザイナー:中島篤


2009年 ジャンポールゴルチェ ディフュージョンライン ヘッドデザイナー就任
2013年 ジルサンダーネイビー バッグライン ディレクター就任
2015年 ミラノ・コレクション公式スケジュールにてコレクションを発表
公式 Instagram:atsushi.nakashimaフォローする
https://www.instagram.com/atsushi.nakashima/?hl=ja

アリアナ さくら | Arianna Sakura
生年月日: 2004年 05月 09日
出身地:東京都
趣味: 読書,ゲーム,手芸
公式Instagram:ariannasakura
https://instagram.com/_ariannasakura_?igshid=c3qiwgbpnne7
公式Twitter:https://twitter.com/ariannasakura

会社概要

もっと美しく、もっと健やかに。大山式。
https://ohyamashiki.com/

企業理念「日常をより快適にする特異性ある商品を通じて、生涯のパートナーとなります」を掲げ、創立以来、積み重ねてきたノウハウを活かし、今後も消費者満足を追求したブランドを世界へ発信しています。

代表ブランド
「大山式シリーズ」「さよならダニー」「スッキリPON」「藤原式シリーズ」「美男足」「デキスギタオル」など。

商号 : 株式会社イースマイル
代表者 : 代表取締役 仲村淳
所在地 : 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-8-7
電話番号 : 03-5758-1555
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会