広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

インターフェロン治療薬市場、2021-2028年に年平均成長率4.0%で推移見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インターフェロン治療薬の世界市場:2021-2028年」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月2日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1058847-global-interferon-drugs-market.html





インターフェロン治療薬の世界市場は、予測期間(2021-2028年)において年平均成長率4.0%で推移すると予測されています。

インターフェロンは、免疫系(白血球、線維芽細胞、T細胞)がウイルス感染、細菌、腫瘍細胞、その他の病原体に応答して産生するタンパク質の一種です。これらの糖タンパク質はサイトカインとも呼ばれ、微生物感染に対する第一線の防御としてよく知られています。これらのタンパク質は、ナチュラルキラー細胞、マクロファージ、T細胞などの免疫系細胞の産生をもたらす免疫反応を誘導することにより、感染症に対抗しています。インターフェロンは、がん、肝炎、多発性硬化症など慢性疾患に対する最先端の有効な治療法です。インターフェロンは、がん細胞を直接破壊するのではなく、増殖を抑制し、その過程で免疫系の反応を高めます。1型インターフェロンと2型インターフェロンに分けられ、それぞれ白血球と線維芽細胞で産生されます。T細胞は、γインターフェロンである2型インターフェロンを作り出します。インターフェロンは、組換えDNA技術により大量に生成され、慢性疾患の治療薬として利用されています。

市場動向
インターフェロン治療薬の世界市場は、B型およびC型肝炎、癌、多発性硬化症などの慢性疾患の増加により、牽引されています。現在は15種類以上のヒトインターフェロンが市販されており、今後その数は増加すると予想されています。世界のインターフェロン治療薬市場の成長要因には、研究開発投資の増加、資金調達の増加、技術の進歩などが挙げられます。

市場における慢性疾患の有病率の増加が市場成長の原動力
C型およびB型肝炎、多発性硬化症、癌、白血病などの慢性疾患の増加が、インターフェロン治療薬の世界市場の需要を高めると予想されています。大手企業は、技術的に高度な薬剤を開発・導入するために、研究開発活動を活発化させています。2021年までに、米国癌協会は、米国における多発性骨髄腫について以下の数字を予測しています。合計34,920人の追加症例が確認されました。(男性:19,320人、女性:15,600人)

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058847-global-interferon-drugs-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)