食品・飲料 美容・健康

3月7日は『サ(3)ウナ(7)の日』「サウナプロジェクト」でのユー活体験を3店舗同時開始

株式会社ユーグレナ
1万人のサウナ後ユー活体験が達成へ!

株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:出雲充)は、『からだにユーグレナ サウナプロジェクト』として、より身近で継続的なサウナ習慣を広げつつ、「ユー活」※1が体験できる場所を拡大しています。そして今回、3店舗が新たなユー活スポットして登場します。2022年3月5日(土)から栃木県「みつば湯楽院 令和の湯」と東京都台東区「天然温泉 湯どんぶり栄湯」、3月7日(月)から三重県「四日市温泉 おふろcafe 湯守座」で、特製ポスターの掲示や、「からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ」を各館先着2,000名様に無料配布、及び販売開始をいたします。これにより、ユー活体験を延べ 1 万人の方が実施することになります。今後も無理せず気軽なサウナの入り方とからだにユーグレナを美味しく楽しく飲んで頂くことを提案する「ユー活」体験を広げてまいります。 ※1 からだにユーグレナを美味しく楽しく飲んで頂く活動のこと



 2022年1月より、サウナ体験への提言である「サステナブルととのうのススメ」イラスト公開や、動画の公開を実施しています※2。
※2 2022年1月18日リリース https://www.euglena.jp/news/20220118-2/

 今回実施する、栃木県の「みつば湯楽院 令和の湯」、東京都台東区の「天然温泉 湯どんぶり栄湯」、三重県の「四日市温泉 おふろcafé 湯守座」で特製ポスターを掲示し、各館先着2,000名様に「からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ」の無料配布と販売を実施します。各館、サウナ初心者も経験者もさまざまな方が楽しめる温浴施設となるため、本企画を実施にいたりました。

 「からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ」は、人間に必要な59種類の栄養素をバランス良く含む石垣島ユーグレナ10億個(約 1,000mg)を配合した飲料です。栄養素を体内に届け、栄養を巡らせ健康の土台を整えることで、まもるチカラを支え、カラダの根本からアプローチします。サウナも同様に、心身共に健康を保持増進するために取り組んでいる人が多く、人気を集めています。「からだにユーグレナ」を美味しく楽しく、そしてサウナ習慣も合わせて取り入れることで、心身共に「サステナブる」な健康を目指します。

■開催概要
 「みつば湯楽院 令和の湯」(栃木県)「天然温泉 湯どんぶり栄湯」(東京都台東区)「四日市温泉 おふろcafé 湯守座」(三重県)で、「サステナブルととのうのススメ」特製ポスターを掲示するとともに、「からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ」を無料配布いたします(各館先着2,000名様)。また、販売も実施します。ご入館者はサウナ後のおいしい新習慣「サステナブルととのう」を体験いただけます。

みつば湯楽院 令和の湯
日時:2022年3月5日(土)10時~
住所:栃木県小山市横倉新田226-13
最寄駅:JR東北新幹線・東北線(宇都宮線・湘南新宿ライン)・両毛線・水戸線「小山駅」下車
    JR小山駅東口よりタクシーで11分
※配布は入館者先着2,000名様限定につき、なくなり次第終了となります
自慢の露天風呂や大浴場に加え、疲労回復に最適な薬草風呂、高濃度炭酸泉、ジェット風呂等も完備。サウナ(アウフグースイベントも開催)、関東最大級の岩盤浴、レストラン、リラックススペース、 ビリヤード等もあります。https://m-yurakuin.jp/

天然温泉 湯どんぶり栄湯
日時:2022年3月5日(土)14時~
住所:東京都台東区日本堤1-4-5
最寄駅:東京メトロ日比谷線三ノ輪駅・南千住駅より徒歩11分
※配布は入館者先着2,000名様限定につき、なくなり次第終了となります
すべてのお風呂で「天然温泉」を使用し、昭和54年から太陽光でお湯を沸かしているというこだわり。店内照明もすべてLEDを使用し、地球にも地域にもエコな銭湯です。サウナはオート熱波&オー トロウリュ。毎月変わるフレーバーの替り湯も、継続して通いたくなるポイントです。http://sakaeyu.com/


四日市温泉 おふろcafé 湯守座
日時:2022年3月7日(月)5 時~
住所:三重県四日市市生桑311 番地
最寄駅:名古屋または大阪方面より近鉄名古屋線にて近鉄四日市駅下車
※配布は入館者先着2,000名様限定につき、なくなり次第終了となります
カフェのような空間の、人気日帰り温泉施設。肌への刺激が少ない弱アルカリ単純温泉で贅沢なひと時を味わうことができます。観劇やショーも充実しており、3月7日のサウナの日には、『アロマロウリュイベント』等も予定されています。https://ofurocafe-yumoriza.com/


■「からだにユーグレナ サウナプロジェクト」とは
 心身共に「サステナブる」な健康を目指すため、より身近なサウナ習慣を広げるプロジェクトです。サウナ好きの仲間が集まる「からユー※3サウナ部」が様々な取り組みを通して、持続可能なサウナを推進していきます。
※3 からだにユーグレナの略称
・プロジェクトサイト:https://online.euglena.jp/shop/pages/sauna.aspx

■無理せず気軽なサウナの入り方を考える「サステナブルととのうのススメ」とは
 「ととのう」という言葉のブームの過熱から、施設の面でも、個人の健康の面でも危険なサウナ・入浴をしている場合があります。例えば、非常に疲れているときに水分を摂取せずにサウナと水風呂を往復して健康回復を望むような、短期的な「ととのい」を目指す入浴法です。このような短期的なととのいを目指すのではなく、持続的に「ととのう」ことをサウナ習慣に取り入れることで、心身共に「サステナブる」な健康を目指します。サウナが一過性のブームではなく、より身近で持続可能なものになるよう、無理をしない気軽なサウナの入り方を提案します。

『からだにユーグレナ』とは
 今日の健康と、10年後のカラダのことも考えたブランドです。
コンセプトは、“細胞から元気なカラダへ”。
人間は、37兆個もの細胞の集合体で、日々1兆個もの細胞が生まれ変わっていると言われています。手軽に石垣島ユーグレナの豊富な栄養素を体内に届け、すこやかな毎日をつくり、はたらきかけ、そしてカラダをまもります。この“つくる・はたらく・まもる”の「からだにユーグレナサイクル」で、日常から健康管理を心がけるあらゆる人々の健康を食品・飲料で支えます。

『からだにユーグレナ』4つのこだわり
●つづけたくなる味で未来の健康
59種類の豊富な栄養素を持つ石垣島ユーグレナを、そのまま凝縮して飲みやすくしました。
●カラダのことを考えたこだわり設計
食育経験豊富な管理栄養士監修のもと、全ての商品ラインナップを石垣島ユーグレナ10億個以上/1日・本に設計しました。
●こだわりの自然原材料
ユーグレナは、豊かな太陽とミネラル豊富な水に恵まれた石垣島で屋外培養しており、農薬不使用です。そのほかの原料も「家族や大切なひとに飲ませたい」という思いに応える自然・安心・安全な材料を使用しています。
●持続可能性
飲料の容器には再生可能な紙や環境に配慮したバイオマスインキやバイオマスプラスチックを可能な限り採用しています。また、商品の売上の一部は、バングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナ入りクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」の運営に充てられます。

『からだにユーグレナ』ブランドサイト https://www.euglena.jp/karadani/
公式通販サイト「ユーグレナ・オンライン」 https://online.euglena.jp

石垣島ユーグレナについて
 ユーグレナは藻の仲間です。豊かな石垣島の自然で育った石垣島ユーグレナは、人間が必要とする豊富な59種の栄養素(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、オレイン酸などの不飽和脂肪酸、特有成分パラミロン※4など)を持ち、細胞壁をもたないため、栄養の消化吸収率も高い特長があるスーパーフードです。また、環境的要素に配慮した責任ある方法で育てられていることが認められ、SDGsの目標14の達成に有効な方法の一つである「ASC-MSC 海藻(藻類)認証」を2019年1月に世界で初めて取得しています。
※4 ユーグレナ特有の成分であり、グルコース分子がβ-1,3-結合により直鎖状に重合した多糖体


<株式会社ユーグレナについて>
2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ、クロレラなどを活用した食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の生産に向けた研究、遺伝子解析サービスの提供を行っています。また、2014年より行っている、バングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」の対象商品を、2019年4月より化粧品を含む全グループ商品に拡大。2012年12月東証マザーズに上場。2014年12月に東証一部市場変更。「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」をユーグレナ・フィロソフィーと定義し、事業を展開。
https://euglena.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)