美容・健康 医療・医薬・福祉

"玄米・米糠 発酵食品" が 炎症発がんと、がんの悪性化(転移能獲得)を抑制する 研究成果を発表 ~ 鳥取大学医学部 と (株)玄米酵素 の共同研究

株式会社 玄米酵素
この度、鳥取大学医学部 岡田太教授らが行った「玄米・米糠 発酵食品(学術名FBRA)が 炎症発がんとがん悪性化(転移能獲得)を抑制する研究成果」が、学術誌 Journal of Functional Foods(Volume 88, January 2022, 104907)に掲載されました。



これまでの研究で、玄米・胚芽・表皮を麹菌で発酵させた玄米・米糠 発酵食品(FBRA)には、炎症を抑制する作用や多臓器での化学発がんを抑制する作用があることを示してきました。

近年の医学の進歩により、がん患者の生存率は伸びてきていますが、がんの転移はいまだに大きなリスク因子となっています。

そこで、玄米・米糠 発酵食品(FBRA)の摂取による 炎症発がんの抑制作用、がんの悪性化(転移能獲得)を抑える作用について検討しました。



■研究結果の概要

・炎症に由来する発がん(炎症発がん)動物実験モデルを使用した。

・玄米・米糠 発酵食品(FBRA)を摂取すると、局所の炎症を抑制することで発がんも有意に抑制した。

・玄米・米糠 発酵食品(FBRA)の原料である発酵していない”米糠”は炎症を抑制せず、麹菌で発酵することにより始めて炎症抑制作用を発揮していることが示された。

・この炎症を抑える作用は、腸内細菌を介して発揮されることが分かった

・マウスに発生するがん細胞は、玄米・米糠 発酵食品(FBRA)を摂取させておくと、肺転移する能力が有意に低かった。

・マウスに発生するがん細胞では体細胞変異を多数生じるが,玄米・米糠 発酵食品(FBRA)を摂取させておくと有意に抑制された。この効果は突然変異誘発剤を用いた実験でも確認できた。

以上のことから、玄米・米糠 発酵食品(FBRA)の摂取が腸内細菌を介して、抗炎症・抗突然変異作用を発揮し、炎症発がんとその悪性化を抑制していることが示唆された。

*以上、マウスおよび細胞を使った実験結果です


■玄米・米糠 発酵食品(FBRA)について

玄米・米糠 発酵食品(FBRA)は玄米・胚芽・表皮を麹菌で発酵させた ”手軽に玄米の健康成分を摂取できる食品” です。

これまでの動物実験の結果、
・花粉による鼻炎を抑える機能、
・皮膚炎を抑える機能
・大腸炎を抑える機能
・肝炎を抑える機能
・1型糖尿病の発症を遅延させる機能
・さまざまな臓器での化学誘導発がんを抑える機能
などが示されています。

すでに30本以上の学術論文が発表されています。研究データは、学術研究解説サイト「ふぶらぼ」から閲覧可能です。
ふぶらぼ : https://fbra.jp/


■株式会社 玄米酵素について



株式会社 玄米酵素は 1971年の創業から、玄米・米糠 発酵食品(FBRA)の製造・研究だけでなく、玄米自然食を基本にした食の教育活動にも力を入れています。

セミナーや自然食料理教室を全国で開催、玄米自然食のレストラン、自然栽培の農園の運営も手掛け、国民の健康増進に貢献してきました。

最近では、医師・歯科医師のファンも増えており、医師を講師に招いたオンラインセミナーを開催したり、180名以上の医師・歯科医師に、玄米・米糠 発酵食品(FBRA)をお勧めいただくなど、医療との連携を通じた健康事業に力を入れています。


■論文について
Prevention of tumor progression in inflammation-related carcinogenesis by anti-inflammatory and anti-mutagenic effects brought about by ingesting fermented brown rice and rice bran with Aspergillus oryzae (FBRA)

Journal of Functional Foods(Volume 88, January 2022, 104907)に掲載

以下にアクセスしてご覧ください
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1756464621005569



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)