医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

阪神淡路大震災の災害医療拠点となった神戸協同病院で、BCPに準じた医療事業継続支援システム「レスポンサム」を導入

株式会社Smart119
ICTで、事業継続計画(BCP:Business Continuity Planning)を強化

千葉大学発医療スタートアップ企業である株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、神戸医療生活協同組合 神戸協同病院(兵庫県神戸市、院長:上田耕蔵)が、医療事業継続支援システム「respon:sum」(レスポンサム/特許番号:特許6166114号)を導入し、運用開始したことを発表します。 阪神淡路大震災の罹災地である神戸市長田区にある同病院は、救護拠点として災害医療に当たりました。この経験から、災害時に損害を抑え、早期に医療を提供するために、同病院は事業継続計画(BCP)を進めてきました。全国医療機関で策定が求められている災害時のBCPに準拠して開発した本システムは、同病院の災害医療提供を向上します。






神戸医療生活協同組合 神戸協同病院は、「いつでも誰でも安心してかかれる医療」を目指し、急性期から慢性期の総合的な医療・介護を提供する、職員数約350人、167床(一般86床、回復期リハビリ48床、緩和ケア19床、地域包括ケア14床)の病院です。地域の保健、福祉、他の医療機関と連携した在宅・施設支援、また「地域医療部地域連携係」を設置して開業医からの入院・検査依頼に積極的に応えるなど、地域に寄り添った医療機関です。


今回、導入された「レスポンサム」は、災害やテロなどの緊急事態が発生した際に、病院や企業が損害を最小限に抑えて、事業継続や復旧を図るための業務継続計画(BCP:Business Continuity Planning)に準拠し開発されました。病院にあるPC、各職員が持つデジタル端末(スマートフォン、タブレット)で利用できる「レスポンサム アプリ版」は、病院職員の安否確認や集合要請、一斉メッセージ配信の機能を持ち、災害時における医療従事者の集合と人員編成を支援します。また「配置部署図」の機能により、罹災地に設置される複数の救護所への人員配置情報を共有化できるため、状況変化が激しい罹災地において、臨機応変な災害医療体制の構築を可能とします。


神戸協同病院は、2021年10月に実施された災害避難訓練で「レスポンサム」を試験運用し、災害医療を支援する効果を確認、導入に至りました。同病院は、1995年に発生した阪神淡路大震災の罹災地である神戸市長田区にあり、罹災者救護拠点の経験を持つことから、「災害時には災害福祉と連携して災害医療を提供すること」を基本方針にあげています。いつ発生するかわからない災害に対し、職員各自が持つデジタル端末で活用できる「レスポンサム」は、地域生活者の暮らしを医療から支える同院の災害対策を強化していきます。

◆respon:sumの特徴
・スタッフの安否確認・緊急連絡
・緊急時の職員集合状況をリアルタイムに把握
・返信はワンクリックで完了。ログイン不要
・掲示板機能を有し、平時においても活用できる
・デジタル端末(スマートフォン、タブレット)で活用するアプリ版提供

◆「respon:sum」ウェブサイト
https://smart119.biz/responsum/

◆関連プレスリリース
・2021年11月16日 【名称を変更】災害時危機管理体制強化サービス「Smart:DR」は、「respon:sum」へ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000056624.html

・2021年9月7日 【災害訓練で実証】「配置部署図機能」を追加した「Smart:DR」が、組織的な災害医療に貢献
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000056624.html

・2021年7月15日 医療機関・医療従事者用災害対策システム「Smart:DR」スマートフォンアプリをリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000056624.html

・2021年6月9日 【機能向上】災害時危機管理体制強化サービスSmart:DRに、「掲示板機能」を追加
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000056624.html


<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発スタートアップ」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市において、日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を実施。緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時をはじめ、医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」を目指します。





【株式会社Smart119概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)