美容・健康 ネットサービス・アプリ

Flora株式会社は独自のAIアルゴリズムが搭載されている次世代の月経・妊活アプリ「flora」を2022年3月上旬にリリースしました。

Flora株式会社

2020年12月上旬にリリースしたFlora妊娠アプリのベータ版で得たフィードバックやデータを踏まえ、月経管理、妊活サポートをワンストップで行うことができ、従来のアプリにはないパーソナライズされた機能や、メンタルヘルス改善のためのコンテンツが実装されています。




◼︎アプリの主な機能

floraアプリでは、主な機能として個人にあった生理周期の解析、月経痛の緩和方法、妊活サポート機能、体温記録等が搭載されています。
ユーザーのアプリの使用目的や個人の特性に合わせて、専門家によるオンデマンドレクチャー、コラム、音声などのコンテンツをパーソナライズして提供しながら、カレンダーで体調・気分、月経周期、体温をシンプルに確認・管理することが出来ます。




◼︎アプリの特徴や他者との違い

1. ストレスなく、あなたのための情報を受け取れる

floraアプリでは、AI/MLを用いた独自のパーソナライゼーション・アルゴリズムを実装しているため、ユーザーの使用目的や特徴、今の気分や症状に合わせてアプリはメンタルの改善方法・生理痛緩和・PMS対策等を提供し、女性が自分の健康を理解しコントロールできることを実現します。

2. ジェンダーバイアスに囚われず、本質的な健康を目指せる

floraアプリ内のコラム、オンデマンドレクチャーは、専門家の監修がされているものや、科学的に根拠のあるものが掲載されています。
これらのコンテンツは実用的であることはもちろん、女性がジェンダーバイアスから解放されることを目指し、固定概念の少ないコンテンツを多く掲載しています。

「モテるために」「可愛くなる方法」「もっと美しく」「占い」など、いわゆる「女性らしさ」を強調するのではなく、女性活躍社会に相応しい、すべての女性が本当になりたい自分を目指せるように、本質的なコンテンツだけを掲載しています。

3. 体だけでなくココロにも寄り添う

floraアプリでは、フィジカルヘルスの改善に繋がる機能、コンテンツはもちろん、メンタルヘルスの改善に繋がる機能、コンテンツを実装しています。体の状態に合わせた瞑想誘導音声やオンデマンドレクチャー、コラム等で、ユーザーのメンタルヘルスを改善するための情報をお届けします。

◼︎開発の背景

健康経営において女性が置かれている状況を改善するべく、前回のβ版をリリースし、得られた結果として、妊娠する前からユーザーの情報を取得しておくことで、より最適な情報提供や管理を行うことが出来る可能性を導き出しました。よって、妊娠という限られた期間だけでなく、初経から閉経まで寄り添うことで、前回よりも正確で質の高いアプリを開発したいと考えました。
月経管理などの新機能開発に向けてヒアリング調査をする中で従来のアプリに対して、「既存のアプリは月経管理目的で使っているのに、出産に関する記事が出てきて、自分にとってストレスだった」というパーソナライズ機能の不足や、「ピンクばっかりで、記事もジェンダーバイアスが強くて、女性活躍の時代に適してない」という不満を多く認識することが出来ました。

また、従来のアプリが注目してこなかったメンタルヘルスの改善も、女性活躍の現代には必要不可欠だと考え、上記の不満とともに、解決するための機能・コンテンツを実装する必要があると考えました。
そして、それらを満たすfloraアプリの開発に至りました。


◼︎ご利用方法

下記URLからダウンロードしてください。
https://flora.onelink.me/whSI/prtimes


◼︎今後について

ユーザーからフィードバックを集めたり、アプリ内でのユーザーの動向を分析することで、Floraアプリの機能やコンテンツを改善していきます。
また、それだけでなく、更年期、閉経後の健康管理目的で使える機能や、産後の育児に特化したコンテンツなど、今回のリリースでは実装できていない機能も、開発を進め、随時アップデートしていく予定です。

◼︎会社情報

会社名:Flora株式会社
所在地:京都市左京区吉田橘町32番地
代表者:クレシェンコ アンナ
設立:2020年12月
メール:admin@floramaternity.com
URL:https://www.flora-tech.jp/

◼︎アプリに関するお問い合わせ
admin@floramaternity.com
上記メールアドレスまでお問い合わせください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)