広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

多血小板血漿市場、2022-2029年に年率12%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「多血小板血漿の世界市場(2021年~2028年)」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月3日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1058857-global-platelet-rich-plasma-market.html





多血小板血漿市場は、予測期間(2022-2029年)に年率12%で成長すると予測されています。

多血小板血漿(PRP)は、血液から得られる血漿です。ヒトの血液を紡いで、通常よりも血小板の濃度が高い多血小板血漿を抽出することで作られます。血小板は血液凝固を助け、腱、筋肉、靭帯の修復を早める働きがあります。
市場力学
様々な用途に活用される新たな多血小板血漿(PRP)療法が、市場成長の原動力になると予想されます。

多血小板血漿は、治療や処置のための優れた新興の選択肢と考えられています。今日では美容手術での使用が増加しているため、臨床の場で広く使用されています。また、皮膚科医や形成外科医は、多血小板血漿の自然治癒力を利用して、皮膚の外観や健康状態を改善します。顔のアンチエイジングにも使用されており、その効果も期待されています。純粋多血小板血漿は、組織の形成と修復が早く、全体的な性能が高いなどの利点もあるため使用されています。また、副作用が少なく、免疫反応やアレルギー反応のリスクも低いことから、多血小板血漿の市場は急速に上昇すると予想されています。それにより、予測期間において市場が牽引されることが予想されます。

制約事項

多血小板血漿には高い価格変動があり、創傷治療機器における有利な償還政策があります。デメリットは品質管理や検査所見の問題、治療部位の神経損傷、組織損傷、感染症の誘発です。このような要因から市場は妨げられると予想されます。

セグメント分析
多血小板血漿市場では、純粋血小板豊富血漿セグメントが最大のシェアを占めると予想されます。このセグメントは、急速な治癒、組織の修復と生産、一般的な機能の改善を持っているため恩恵を受けており、治療ビジネススペースでその需要を高め、セグメントの拡大に拍車をかけています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058857-global-platelet-rich-plasma-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)